昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「1年と7ヶ月ぶりに芯に当たりました。以上です」

《其の五》

 5月21日マリーンズ戦 5回表 レフトへの6号3点本塁打

「打ったのはシュート。1年と7ヶ月ぶりに芯に当たりました。以上です」(真顔で)

 この試合から1年7ヶ月前の2019年10月21日はホークスとジャイアンツの日本シリーズの中日で試合が行われていない。が、島内殿の母校である星稜高校が高校野球秋季地区大会決勝で日本航空石川高校に19-1で勝利している。

《其の六》

 5月26日ジャイアンツ戦 6回表 ライトへの適時打

「打ったボールはどうでもいいです。いい選手は使っているバットがいいから打てるんですね。炭谷さん、あざす」(真顔で)

 当時ジャイアンツに在籍していた炭谷殿のバットを使用しての活躍。現在、イーグルスの一員となった炭谷殿とはどのような話をしておるのかのう。

《其の七》

 6月8日ドラゴンズ戦 4回裏 ライトへの9号同点ソロ本塁打

「打ったのはストレート。はい、おっぱっぴ~」(真顔で)

 小島よしお殿より、談話の時に「おっぱっぴ~やってよ」と依頼され快諾した島内殿の貴重な?談話ギャグ披露。

《其の八》

 7月3日マリーンズ戦 3回表 センターへの適時打

「打ったのはストレート。フレッシュオールスターに選ばれるようにアピールできて良かったです」(真顔で)

 後日、マイナビオールスターゲームに監督推薦で選ばれた島内殿。「選んでいただきありがとうございます。松山に行ってからすぐに向かいたいと思います。ぜひ僕のグラブさばきを見てください」とフレッシュオールスターにも出る気満々で語っておったが……島内殿! それは規約違反じゃよ。

《其の九》

 8月1日ベイスターズ戦(エキシビションマッチ) 1回裏 先制2点本塁打

「打ったのはストレート。プロ野球選手になって10年経ちますけど、監督・コーチに媚び売って試合に出させてもらっているので、今後も色々な方に媚びを売って生きていきたいと思います。ジェフ(トレーニングコーチ)には売ったことないけどな(笑)」(真顔で)

 笑顔なのか? 真顔なのか? どちらなのか。とりあえずビールならぬとりあえず(真顔で)か。

 いかがであったであろうか? 面白過ぎる島内語録は。

 これより先、この島内語録がますます増えるほどの活躍を必ずや見せてくれるであろう。

 星野チルドレンとして、チームの4番として8年ぶりのリーグ優勝&日本一へ導く島内宏明殿のプレーにも『島内語録』にも瞠目せよ!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/47224 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー