昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私の青春は虎ノ門ヒルズにあるんです」 大手企業のアドバイザーも務めた“高校生起業家”の意外な日常

 高校3年生にして、事務所を構えるのは東京都港区にある虎ノ門ヒルズ。ヤフー株式会社の事業プランアドバイザーも務めていた高校生実業家が、中澤治大さん(17)だ。

 中高生向けのキャリア教育を行う会社を2020年12月に17歳の時に友人と起業。今は会社、実家、ホテルを行き来する忙しい日々を送りながら、慶應大学への進学も目指すという「正統派の天才高校生」だ。そんな彼はいま、どのような日常生活を送っているのか――。本人に詳しく話を聞いた。

 

◆◆◆

目標を持つことの価値に気づいてもらうための支援活動を

――現在はどのような仕事をしているのか、教えてください。

中澤 いまは高校3年生ですが、株式会社Unpackedという会社で、主に18歳以下の中高生を対象としたキャリア教育事業を行っています。専門的には「アクティブラーニング」と呼ばれる学習方法に関する事業です。簡単にいえば、勉強であれ、部活であれ、仕事であれ、「どのように目標設定をして、行動し、達成すべきか」を意識的に行う能力を鍛えることを目標とした事業です。

 例えば大人になってからピアニストを目指すといっても難しいですよね。ビジネスも同じで、ITスキルなどは小学生など習得時期が早ければ早いほどいい。そのためにはまず目標を持つことの価値に気づいてもらわなければならない。その支援活動をしています。具体的には「U-18キャリアサミット」というイベントを年2回ほど行っていて、前回6月に行った際には1000人以上の中高生が参加してくれました。TV東京コミュニケーションズともタッグを組んで開催しています。

 また、課外授業の一環として、同志社中学校や立命館高校、広尾学園高校でU-18キャリアサミットを学生に紹介してもらっています。また、同志社では「課外」の授業で講師を務めていました。過去には別の会社で外国人の人材派遣業をやったり、酪農アプリをリリースしたりと、色々なビジネスを経験してきました。