昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私生活はさらけ出せるけど、女の子にセリフを言わせるのは恥ずかしい」“育児エッセイ”と“ひとくいフィクション”を同時に描くマンガ家が考えていること

福満しげゆきさんインタビュー #2

『僕の小規模な生活』(講談社)や『うちの妻ってどうでしょう?』(双葉社)などエッセイマンガで活躍してきた福満しげゆき氏。現在も講談社「コミックDAYS」で『妻と僕の小規模な育児』、小学館「ビッグコミックスペリオール」で『妻観察日記』と、2本のエッセイマンガを連載している。

 その一方で、2020年4月からは双葉社「webアクション」で、自身ひさしぶりのストーリーマンガの連載を開始。タイトルは『ひとくい家族』。「人肉食(カニバリズム)」が題材である。人気エッセイマンガ家は、どのようにして「育児」と「ひとくい」を両立したのだろうか。福満氏と担当編集者に聞いた。

◆◆◆

「ひとくい」と「育児」を両立させるヒケツ

©福満しげゆき/双葉社

――この『ひとくい家族』では、バイオレントなシーンや、人肉食のシーンを描いています。その一方で福満先生は、育児エッセイマンガ(『妻と僕の小規模な育児』)を並行して連載しています。「育児」と「ひとくい」は、どうやって両立させているのでしょうか?

福満 ……たしかに、頭がおかしくなりますね。気持ちをコントロールしづらい、と言うか……。育児マンガを描いたあとに「さあ次はこっち(ひとくい家族)だ」とは、なかなかならない。気持ちの切り替えが難しいです。

――どのように切り替えていますか?

福満 うーん、切り替えないと切り替えられない、と言いましょうか……。人間、そんなに器用にはいかないわけですよ。なので、なかなか進まない。エッセイマンガを2本やっていて切り替えるならともかく、これは気持ちのコントロールが難しい。

――……。

福満 …………やっぱり、日にち、ですかね?

――日にち。

福満 時間。……人間、どんなに悲しいことがあっても時間が解決するように、時間を置かないと、うまくいかない。しかし、そんなに時間は割けない。それなら描くのは休もう……と。それくらいに気持ちの切り替えが難しいです。