昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

   
週刊文春 電子版

がーどまん、マキヒカ…人気YouTuberらが実名告発「信頼関係は完全に崩れた」《Kiii大量退所の真実》

ラファエルもすでに退所の意向を表明

「ラファエルさんも、他のユーチューバー同様、契約解除通知をKiiiに送っています。ただ彼はKiiiの株式も保有していますし、なるべく揉めたくはないようで、公表していないんです。ラファエルさんの契約は2021年9月30日までなので、更新せず退所するようです。そのタイミングで退所動画を公開する予定だそうです」

 対立を深めるYouTuberとKiiiの関係。現在、退所を巡る話し合いはどうなっているのか、そもそもなぜここまで問題が深刻化してしまったのだろうか――。文春オンラインは渦中にいるYouTuberらに接触し、YouTuber大量退所の真実に迫った。

右:がーどまん(本人のYouTubeチャンネルより)

みんなが高田さんに恩を感じている

 取材を始めると、複数のYouTuberらが取材に答えた。彼らは一様に「現状を知ってほしい」という。Kiii所属のYouTuberであるAさんもそのなかの一人だ。Aさんは「Kiiiの対応には不信感しかない」と訴えた。

「高田樹前社長の解任が適切だったのかどうか、僕らにはわかりません。でも、もし高田さんの方が悪かったとしても、Kiiiに所属するクリエイターのほとんどが、高田さんについていきたいという考えでした。多かれ少なかれ、みんなが高田さんに恩を感じているんです。

 僕も、動画撮影やSNSへの投稿を毎日続けるなかで、このまま活動を続けていくべきか悩んだことがあったんです。そんな時、社長自ら会いに来て、相談に乗ってくれました。高田さんはビジネスだけでなく、色々な話を聞いてくれるんです。そんな社長が辞めるなら、リスクを取ってでもついていきたいと思ったし、ほかのクリエイターも同じように考えたんだと思います」(同前)

ブライアン(本人のYouTubeチャンネルより)

契約解除の話が進まず弁護士に依頼

 しかしながら、Kiiiからの退所を表明した35名のYouTuberは、いまだKiiiとの契約を解除できずにいる。手続きに問題はなかったのだろうか。

「クリエイターらはそれぞれ、マネジャーや現場の取り纏め役のリーダーに契約を解除したいと伝えました。しかし『もう少し待って』などと言われ、全く話が進まなかった。それで4月初旬から順次、35名のクリエイターが弁護士に依頼して、Kiiiとの契約解除を交渉してほしいと依頼をしたんです」

 同月、その弁護士からKiiiに対してYouTuberらが契約解除を希望している旨を通達。しかし、Kiii側の代理人弁護士からは《契約期間内の退所は認められない》という旨の連絡があったという。

×