昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「大げさは誇張じゃなくて、その人には重大ってこと」「もっとみんな喜んでいい、悲しんでいい」“引き算のできない表現者”ゆっきゅんが目指す“DIVA”の姿

「DIVA Project」始動記念・ゆっきゅんインタビュー#2

2021/09/09

source : 別冊文藝春秋

genre : エンタメ, 芸能, 音楽, ライフスタイル

 多様な女の子のロールモデルを発掘するというオーディション「ミスiD2017」で、男性初のファイナリストとして注目を浴びたゆっきゅんが、2021年5月に待望のソロ音楽プロジェクトを開始。その名も「DIVA Project」。あるがままの姿を貫き、自分の感情を卑下しない彼の姿は、ファンを惹きつけ、奮い立たせてやまない。新世代「DIVA」の、強烈なきらめきを全身に浴びるインタビュー。(全2回の2回目/前編を読む)

 

「ゆっきゅんらしさ」はどこにある?

――ご自身を「王子様」と表現されていた時期もありましたね。

 上品で貴族っぽい、王子様みたいな存在を意識していたんです。自分の中にあるものを、わかりやすく、ポップに見せるとしたら王子様かな、と。人前に出る時には絶対にハーフパンツに白いタイツを穿いて、ふりふりのブラウスを着ていました。今の私服もそんな感じだし、王子が「DIVA」に変わった、ということではないんです。それに、今までやってきたことや当時の選択に、納得がいっていなかったわけでは全くなくて、全部並行している感覚もあるくらいです。ずっと「DIVA」だったし、王子様でもいい、みたいな。

 ただやっぱり、「DIVA」の方が「今の自分」という感じがしますね。あえて言うなら、「王子様」は見られ方を意識していたのかもしれません。自分が着たい服を着て、ありたい姿でいる時、人から見たら王子に見える、ということですね。「DIVA」はやはり精神性というか、「私がDIVAです」って言い張っている内面的な部分です。

「DIVA ME」を聴いた今までのファンの方には、驚きと納得が一緒に来ている、と言われました。「ゆっきゅんはこれがやりたかったんだ」とハッとする一方で、歌詞の内容は今まで発信してきたことと同じだと思う、と。まさにその通りだと思います。だからあの曲から私を知っていただいても、今までの私のイメージとあまり齟齬がないだろうと思っています。「DIVA ME」は自己紹介ソングですね。