昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妊娠中に酒を飲んで暴れた」母親と加害父の本当の関係「A子のことを悪く言うつもりはない」《九州3児遺体》

田中涼二被告拘置所インタビュー#3

genre : ニュース, 社会

「午前11時過ぎだったと思います。蓮翔と姫奈は寝ていました。宮崎で果物ナイフを買っていました。それで寝ている蓮翔のここ(※胸のあたりを手のひらで触る)を刺しました。とても痛がって、かわいそうで、これ以上刺せなかった。そして蓮翔の首を思い切り絞めました。そして次に姫奈の首を絞めました。首を絞めているときは2人の顔を見ながら、『ごめんね、ごめんね』って何度も繰り返しました。『パパもすぐ行くけん、ごめんね。ごめんね』って……」

 今年2月、養子の大翔くん(ひろと・当時9)を暴行の末に死亡させ、その10日後、思いつめた田中涼二被告(41)は実子である蓮翔ちゃん(れんと・当時3)と姫奈ちゃん(ひな・当時2)との心中を決意。自宅から南に約230キロ離れた鹿児島県・桜島の麓にある観光ホテルで、幼い2人の首を絞めて窒息死させたときの様子を、福岡拘置所で文春オンラインの面会取材に応じた田中被告は、こう語った。(全3回の3回目。#1 から読む)

◆ ◆ ◆

ママ友宅に預けられていた大翔くん

 事件が報じられた際、子供たちの母親の行方にも注目が集まった。今年4月、田中被告と子供たちが住んでいた県営住宅に《ごめんね。ありがとう。ママ》と書かれたメモと花が置かれていたが、これまでその行方は定かではなかった。

田中被告の自宅 ©文藝春秋

 取材班が田中被告や母親であるA子さんの知人らに話を聞いたところ、2人の出会いは約5年前に遡る。A子さんを知る男性は取材にこう語っている。

「昔、A子は福岡県大野城市のラウンジや福岡の繁華街、中洲などで働いていた。気性は激しく、交通事故を起こして捕まったことがあります。かなりの酒飲みで毎晩のように店に姿を見せている時期もありました」

 田中被告の10歳年下でシングルマザーだったA子さんとは当時、2人が住んでいた福岡県大野城市の居酒屋で知り合ったという。当時、鳶職の仕事をしていた田中被告。一方のA子さんは、この頃には建築会社で日雇いの仕事をしていたという。

 田中被告とA子さんは居酒屋で何度か会ううちに親密になった。A子さんには当時4歳の大翔くんがいたが、保育園のママ友に預けている状態だったという。田中被告はこう述懐する。

「当時、『子供が実はいて、友人に預けている』と話すA子に対して、『それはだめだろう』と注意しました。ただ、A子にしてみると『大翔も友達と会えるから』と悪気はなかったようですが。酒を飲むのが好きで、男を作るのに邪魔だったのかもしれない。でも子供は親がしっかりと見るべきです」

 2人は互いの家を行き来する仲になり、ママ友宅に預けられていた大翔くんはA子さんの自宅に戻り、田中被告も一緒に面倒を見るようになったという。