昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

蚊原因のマラリアで年1万人死亡…ケニアで蚊取り線香作り教える日本のショップ 看板商品の技術がつなぐ命

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 医療

蚊原因のマラリアで年1万人死亡…ケニアで蚊取り線香作り教える日本のショップ 看板商品の技術がつなぐ命

 

菜種油や珍しい黒麹など扱う “暮らしのセレクトショップ”

愛知県津島市に天然素材を使った蚊取り線香や、野草を使ったハーブティーなどの食品、生活雑貨を扱う“暮らしのセレクトショップ”がある。

毎日の暮らしで役に立つ生活用品を販売することで生産者と消費者をつないだり、蚊取り線香の原料である除虫菊を栽培するケニアの人たちに、蚊取り線香の作り方を教えるといった社会貢献をしている。

 

自然食品などを製造販売する1977年創業の「りんねしゃ」。

 

店内には、黄金色に輝く菜種油に愛知県産の珍しい黒麹や…。

 

北海道産の薄荷オイル、野草を使ったハーブティーなど、全国から集めた食品や生活雑貨が並んでいる。

 

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
生産者さんこだわりの食材、調味料をベースに毎日使っているモノ、暮らしの中に取り入れてほしいモノ、というセレクトでやっています

 

店内に並ぶ食品や調味料は、2代目の大島幸枝さんが全国の生産者から直接買い付けているが、りんねしゃが開発したオリジナル商品も人気だ。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
ほうろくの菜種油ですけど、いま2代目の杉崎学さんが絞って作っていらっしゃるんです

 

愛知県西尾市で国産の菜種を天日干しし、薪の火で焙煎した「なたねあぶらRIN」(1976円)。油に旨味があり、オリーブオイルのように調味料としても使える。

 

北海道産の希少な在来種の薄荷が原料の「赤丸薄荷」は、西洋のミントよりメントールの成分が多く、消臭や防虫、またミントティーとしても楽しむことができる。

天然の除虫菊を使った茶色い「蚊取り線香」は長年人気

 

一番人気は、30年近く続くロングセラーの除虫菊を使った茶色い蚊取り線香だ。

女性客A:
香りがすごくよかったのと、自然由来のものでいいかなと思って購入しました

男性客:
市販の蚊取り線香だと目が痛いんです。そういうのがすごくあって

 

除虫菊など、天然の素材だけを使用した「菊花せんこう」(30巻1034円)は、化学成分も着色料も使っていないため、色は茶色。煙は干し草を燻したような、優しい香りだ。