昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「二人で雪まつりに行ったりしていたら『エロスの種子』が大ヒットして…」 桜木紫乃ともんでんあきこはなぜ“女で身を滅ぼすキャラクター”が好きなのか

桜木紫乃さん×もんでんあきこさん#1

source : 文藝出版局

genre : エンタメ, 読書, 娯楽, ライフスタイル

 作家デビュー20年目を迎え、最新作『ブルースRed』を刊行した桜木紫乃さん。累計150万部越えの『エロスの種子』の著者もんでんあきこさんとは、ともに北海道出身。縁あって『ブルース』のコミカライズをしたもんでんさんと桜木さんが、「愛とエロス」について熱く語り合った。(全2回の1回目。#2へ続く)

コミカライズが開いた新しい世界

桜木 もんでんさんにコミカライズしてもらった『ブルース』(上下巻・集英社)が発売になって、新しい世界を見せてもらえたことが、本当に嬉しかったんです。

桜木紫乃さん(撮影:原田直樹)

もんでん 原作は、謎の男・影山博人をめぐる8人の女たちを描いた小説ですから、それを漫画として、どう読ませるか。唸りながら描いて、コミカライズが出来上がるころには、すっかり「自分の物語」になっていました。その中でも、影山莉菜という人物が、とても思い入れのあるキャラクターになっていたので、彼女が主人公になった新作『ブルースRed』がとても切なくて……。

ブルースRed』(桜木紫乃)

桜木 莉菜が愛されている。嬉しい。でも、当初考えていたラストシーンとは違う結末になったんですよ。

 ところで、初めてお会いしたのは、もんでんさんの代表作『エロスの種子』(ヤングジャンプコミックス)第1巻の刊行を記念して、対談をしたときでしたね(『エロスの種子』第2巻に収録)。もんでんさんの作品は、とってもエロティックなんだけれど、北海道の人間ならわかる湿り気と乾き方なんですよね。このときにもんでんさんが、「私、33年間、絵以外で稼いだことがないんです」と仰って、一瞬で気持ちを持って行かれました。かっこ良かったです。

もんでん かっこ良く言ったわけではなくて、社会経験がまったくなくて、絵だけしか描いていないということが、本当に恥ずかしかったんですよ。