昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 文藝出版局

genre : エンタメ, 読書, 娯楽, ライフスタイル

もんでんさんストーリーには、人生の復習を感じる

桜木 実は自宅の階段のところに、私の好きな本を置く場所があるんですが、寝る前に、もんでんさんの本を読むんです。大人の漫画っていうのは、眠る前に心を落ち着かせてくれる。私たちの時代の少女漫画って、心をざわつかせるものだけれど、大人になると、一通りいろんなことを経験して、寝る前は、できれば落ち着きたい。

 もんでんさんの作るストーリーには、人生の復習を感じるんです。エロスは満載なんだけれども、エロスにいたるまでの気持ち、いたってからの心情を読むと、「これで私は明日、何があっても大丈夫」と思えて、すっと眠れるんです。虚構って、大人になるほど大切なんだよなぁって、そんなことを思っています。

もんでん 嬉しいです。

桜木 だから、眠れない夜は、もんでんさんの『ブルース』か『エロスの種子』を(笑)。

第2回に続く 「子供は親を選べる。生きていく術を教えてくれた人も親だから」 桜木紫乃が描く、“毒親”から解放される“インモラル”な方法

撮影:原田直樹 

桜木紫乃(さくらぎ しの)

 作家。1965年北海道生まれ。2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。07年、同作を収録した『氷平線』で単行本デビュー。13年『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞、同年『ホテルローヤル』で第149回直木賞、20年『家族じまい』で第15回中央公論文芸賞を受賞。『風葬』『起終点駅(ターミナル)』『裸の華』『砂上』『ふたりぐらし』『光まで5分』『緋の河』『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』『Seven Stories 星が流れた夜の車窓から』(共著)、絵本『いつか あなたを わすれても』(オザワミカ・絵)など、著書多数。

もんでんあきこ

 北海道出身。1983年のデビュー以来、少女誌から青年誌まで幅広く活躍している。代表作は、累計140万部突破のベストセラーとなった『エロスの種子』(2021年9月現在1~5巻発売中)。圧倒的画力と巧みなストーリーで描かれる、優しくて強くてときに脆い男女のオムニバスは、雑誌「グランドジャンプめちゃ」にて大好評連載中。他著に『竜の結晶』(集英社)、『アイスエイジ』(集英社)など。

ブルースRed

桜木 紫乃

文藝春秋

2021年9月24日 発売

ブルース 上 (ヤングジャンプコミックス)

もんでん あきこ ,桜木 紫乃

集英社

2020年7月17日 発売

ブルース (文春文庫)

紫乃, 桜木

文藝春秋

2017年11月9日 発売

 

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝出版局をフォロー