昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“カラーは3カ月に1回以下”、“ハイライトで白髪をぼかす"…知らないと損する「すぐに染めなくていいグレイヘア」

 いま、コロナ禍で第2次グレイヘアブームが起きている。カンヌ映画祭でのジョディ・フォスター、『セックス・アンド・ザ・シティ』続篇撮影中のサラ・ジェシカ・パーカーのように、全く染めないグレイヘアではなく、白髪をおしゃれに生かす新しいグレイヘアカラーが席巻中。ヘアカラーリストの岩上晴美さんが提案するグレイヘアカラーをご紹介!

 

◆ ◆ ◆

 日々お客様の白髪の悩みと向き合っていると、「伸びたらすぐに染める」という呪縛から解放されたい女性が多いことに気づかされます。ココ・シャネルがコルセットから女性を解放したように、私も白髪染めの概念を変えることができないかと考えるように。

 そこで白髪をいかすカラーリングなら染める頻度が減らせたり、白髪でも疲れて見えず、おしゃれな印象にできるのではと思い、提案し始めたのが新しいグレイヘアです。

岩上晴美さん
ヘアカラーを専門に施術するカラーリストの美容師として活躍。ハイライトなどの筋状カラーをいかした新しいグレイヘアを提案するインスタグラム「@harumiiwakami」も人気。
SHOP DATA
kakimoto arms 青山店
東京都港区南青山5-6-12

 白髪の量が少ないなら、ハイライトを入れて白髪を立体的な毛束の一部のようにカムフラージュ。白髪の量が多いならハイライトやローライトを駆使し、まろやかに白髪をいかし洗練されたデザインに。その人の白髪の量、髪の長さによってこのカラー提案は無限大です。

『週刊文春WOMAN vol.11(2021年 秋号)』

 ただし最初の3カ月、根元の白髪を伸ばし、ハイライトとなじむまではぐっとガマン。でも一度仕上がればサロンカラーの頻度は3カ月に1回以下に減らせます。白髪とポジティブに付き合う、新しいグレイヘアの実例をご紹介します。