昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「自分の道って何なんだろう?」鈴木亜美39歳が“歌手休止前”に考えたこと《アイドル→DJ→激辛YouTuberで再燃》

鈴木亜美さんインタビュー #1

2021/10/06

 YouTubeなどで「激辛女王」として人気再燃中の鈴木亜美さん。今年は5年ぶりにオリジナル曲を発表するなど、多方面で活動しています。デビューから間もなく25年。歌手休止期間を経て、世界を見据えたDJ活動を展開するなど、この間に辿った激動のキャリアとプライベートについて、じっくり伺いました。(全2回の1回目/後編に続く)

鈴木亜美さん

◆ ◆ ◆

歌手活動から遠のいていた理由

――9月に5年ぶりとなるオリジナル曲『Drip』を発表しました。それまで歌手活動はしばらくお休みされていたとか。

鈴木亜美さん(以下、鈴木) 今回、台湾映画の主題歌としてオファーをいただいたのですが、近年、歌手としてリリースはしていなかったので驚きました(笑)。もちろん嬉しかったしありがたかったのですが。

――鈴木さんといえば、今は激辛好きなキャラクターのイメージが強いかもしれませんね。歌手活動から遠のいていた理由は?

鈴木 16歳でデビューして20年以上芸能界にいますが、デビューした98年はCD市場の売れ行きが最も好調だった時で、新しいアーティストが毎年たくさん生まれては売れていってという、めまぐるしい時代でした。本当に厳しい世界だということを肌で感じていたので、自分の居場所は早晩なくなるだろうと思っていました。それこそ、結婚して辞めるんだろうな、みたいな。

「自分の道って何なんだろう?」

 

 デビュー10周年を迎える少し前の、2006、7年頃だったと思います。「自分の道って何なんだろう?」と真剣に考え出しました。

 加えて、3カ月おきにシングルを出してアルバムを出してツアーをして、みたいな流れにもどこか違和感を覚えはじめていたんですが、大きかったのは、歌う曲と自分の好きな音楽のジャンルが離れていった部分です。

――鈴木さんの曲はポップスでメジャーな印象がありますが、ご自身が好きで聴いていた音楽は全然違うジャンルだったと。

鈴木 もちろんポップスは好きですが、私自身がよく聴いていたのはハウスやテクノだったんですね。それで歌手活動をお休みする前に、中田ヤスタカさんに楽曲を作ってもらったりして、自分の好きなクラブミュージック寄りにテイストを変えていった時期がありました。

 それを最後に、自分自身が歌う、という意味での音楽活動は一度ストップしようということになりました。2009年頃のことです。