昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

マヤノトップガンのすぐ後ろから、ナリタブライアン

 馬なりのままスティールキャストをゆっくりと交わし、先頭に立つ。その姿は泰然として、現王者の風格と威厳を感じさせた。

 マヤノトップガンと田原騎手の予想よりも早い仕掛けにより、レースは瞬時に沸点を超えた。

 しかし、そのすぐ後ろから、シャドーロールが揺れる黒鹿毛の馬体が迫る。

競馬伝説の名勝負 1995-1999 90年代後半戦』(星海社)

 1994年の年度代表馬、ナリタブライアン。

 深く沈み込むようなフォームから繰り出される比類なき豪脚で、シンボリルドルフ以来10年ぶりの三冠馬に輝き、さらには有馬記念で古馬相手にも圧勝した。しかしその豪脚の代償か、さらなる飛躍が期待された翌1995年の春に、ナリタブライアンは股関節炎を発症してしまう。なんとか同年の秋からターフに復帰したものの、天皇賞・秋、ジャパンCと続けて惨敗し、続く有馬記念では4着と、マヤノトップガンの後塵を拝していた。

 あの豪脚は、もう見られないのかという諦めと、もう一度だけでも、あの走りを観たいという期待と。ナリタブライアンが走る度に、ファンの心理はその狭間で揺れた。

 今日は大丈夫なのか、ブライアン。

 祈りにも似た視線を一身に浴びながら、ナリタブライアンもまた馬なりのまま、マヤノトップガンに並びかけていく。鞍上の武豊騎手の手綱には、まだ余力は十分にありそうだ。

 残り600m、2頭の馬体のシルエットがぴたりと重なった。ぐんぐんと、その後ろのノーザンポラリスとの差が、開いていく。内にマヤノトップガン、外にナリタブライアン。並んだまま、直線を向く。もはや、2人と2頭だけの世界だった。

第44回阪神大章典の最後の直線で壮絶なたたき合いを繰り広げるナリタブライアンとマヤノトップガン ©文藝春秋

 並ぶ、追う、並ぶ、追う。

 内か、外か。流星か、シャドーロールか。天才か、名手か。

 並ぶ、差す、並ぶ、差し返す。

 栗毛か、黒鹿毛か。意地か、誇りか。変幻自在か、豪脚か抜く、抜かせない、抜く、抜き返す。

z