昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2021/10/13

genre : エンタメ, 芸能

今になってこんな機会がやってくるとは

 さて、すでにチーム動画をご覧いただいた方は想像できるだろうが、冒頭のメールの1行下には続きがある。

【監督:藤井猛九段】

 第2回女流ABEMAトーナメントでは、各チームに監督棋士が1人つく。今後の動画内で明かされていくかもしれないが、藤井九段は私たち3人ともにそれぞれご縁の深い棋士であり、まとめ役としてはこれ以上ないと言っても過言ではない。

 その監督から連絡が来た。

「試験的にネットでフィッシャールールを指しましょう」

 4人が全員集まるとなると大変だが、今はネットで対局ができる。子どもたちが寝た後、21時過ぎに練習対局をお願いした。

 やや緊張しながら私が居飛車を選択すると、左から4番目に飛車を振られた。四間飛車だ。

 顔が見えないネット対局だが、自然と背筋が伸びた。

 藤井九段は四間飛車の大家であり、我々世代のヒーローなのだ。

 長年、普段からいろいろとお世話になっているが、これが藤井九段との初対局である。まさか今になってこんな機会がやってくるなんて、巡りあわせとは不思議なものだなぁと思う。

チーム西山、一丸となって戦います ©上田 初美

勉強の開始時間は育児が終わる21時から

 ABEMAトーナメントに出場することが決まってから、夫と1日3局フィッシャールールで指すことにした。

 私たち将棋指しは、1手10秒以内に指す「10秒将棋」は身に沁み込むほど指している。だが、今回の持ち時間はかなり独特で、1手5秒以内に指さなければいけない場合もあれば、2~3分を1手に費やすこともできる。慣れるには、とりあえず数をこなさなければならない。

 最初の頃は時間切れも含めて、内容もボロボロだった。

 個人戦ならともかく、団体戦は私の成績がチームの結果に直結してしまう。これはまずいと思い、できる最大限の時間を将棋の勉強に費やした。

 簡単に言うと、育児と仕事と勉強しかしない日々を過ごすのだが、これは文字では伝えきれない厳しさがある。勉強の開始時間は育児が終わる21時からで、夫との将棋は23時から開始した。一番の息抜きは育児中のママ友との会話で、「疲れた」と言って「おつかれー!」と返してくれるのに癒されるのだ。

 選んでもらった以上は、それに応えたいと思うのが団体戦である。

 何度か実際にメンバーで集まった。やはり、ネットで対局するのと実際に盤を挟むのとでは感覚が違う。将棋を指したり、気になる局面を研究したり、みんなで勉強した。

 出産する前の、将棋が一番だった頃に戻ったような、懐かしい気持ちを思い出した。

 藤井九段のご自宅で将棋を指した時には、奥様が手料理を振舞ってくださった。

 あまりにも美味しくて「藤井先生は毎日こんなお料理を食べられていいですね」と言うと、「そうでしょ」と照れ笑いを浮かべていて、心まで温かくなった気がした。

 ご視聴、そしてチーム西山の応援をしていただけたら嬉しいです。

この記事の写真(3枚)

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー