昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/14

プレゼンまがいの“退陣会見”

 菅氏の退陣会見から具体的に見てみましょう。私が寂しく感じたのは、たとえばこうした発言です。

〈ワクチンは効く〉

〈6月は1日平均110万回、そして7月は150万回、8月は120万回、予想を上回るペースで進み、1億4000万回を超えました〉

 こうした数字はほんらい、厚労省の広報担当などが発表すればよいものでしょう。それをあたかも製薬会社のPRマンのように、なぜか首相自身がプレゼンしてしまった。

菅義偉前首相 ©文藝春秋

 おそらくそれは、先述した「コミュ力偏重主義」の裏返しです。菅氏自身は雄弁家ではなく、華麗な喋りで国民を魅了するのは難しい。

「それでも国民にアピールできる情報発信とはなんだろう。それは数字だ! 具体的な数字を列挙すれば、自分の実績が伝わるはずだ」

 スライドでグラフまで示しながら語る姿は、ある意味で悲愴で、痛々しくも映りました。「続ける」のではなく「辞めてゆく」首相から、国民が聞きたかったのはそうした「成果報告」だったのでしょうか。