昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

桶ダンスはアカンのか…? ジャニーズ伝統の“全裸に見える”ダンスと「下品でない裸」の条件とは

2021/10/15

 緊急事態宣言が解除され、聖地巡りでにぎわう宿も増えてきました。

 Snow Manファンの聖地・神奈川県厚木市の温泉旅館七沢荘もそのひとつ。こちらはCDデビューが決まったSnow Manが、ジャニーズJr.の公式YouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を卒業する際、卒業旅行で訪れた温泉です。

 9人並んで温泉に浸かったSnow Manは、「ZIG ZAG LOVE」をBGMにひとりひとりカメラ目線でなまめかしい入浴姿を披露、拝ませていただく者にとっては命の洗濯になるありがたい動画を見せてくれました。

Snow Manグッズが飾られた“聖地”七沢荘

 以降、同温泉には“すのの湯”を求めて訪れるファンが引きも切らず、湯の中はもちろん、Snow Manグッズが飾られたロビーでも交流が生まれているようです。

桶ダンスはアカンのか……?

 推しの入浴姿というのは、かように心の潤いをもたらしてくれるものですが、そんななか物議を醸している別の“裸のシーン”があります。

 それはSnow ManやSixTONES、さらに彼らの先輩のKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTらも出演してきたジャニーズ伝統の舞台「少年たち」に登場する“桶ダンス”のこと。

温泉に入るSnow Manのメンバーたち YouTubeジャニーズJr.チャンネルより

 これは、出演者が全裸(に、見えるようベージュのパンツのみ着用)になり、風呂桶で局所を隠しつつユーモラスに踊るもので、同舞台の名物シーンとなっています。

 2021年に新橋演舞場で上演された「少年たち」には、未成年のメンバーを含むHiHi Jetsと美 少年が主演しており、桶ダンスは「未成年への性的搾取になるのではないか?」という問題提起がされました。とりわけ争点になったのは、美 少年の17歳、金指一世さんのケースでした。

 Twitterでは「#桶ダンスやめてください」というタグが拡散され、ネットでは「ジャニーズ事務所は桶ダンスを廃止し、未成年の保護に取り組んでください」という署名活動も行われています。

 桶ダンスはアカンのか……?

 ジャニーズとて、大切なお客様を怒らせたり、タレントを性的に搾取しようというつもりは毛頭ないでしょう。「ファンに楽しんでほしい」という気持ちで企画され、実際に多くのファンがそれを楽しんできたことは否定できません。しかし近年、「桶ダンス」の受け止め方が変わってきているのもどうやら事実のようです。

「少年たち」は、殺伐とした少年刑務所を舞台にした群像劇です。反目するグループの少年たちがぶつかり合いつつも友情を結ぶ物語で、問題の“桶ダンス”は、ちょっぴり空気のなごむ入浴シーンで披露されます。

 ガラスのついたてを通して全裸に見える演者たちが横並びでシャワーを浴び、ちょっとしたアドリブなどを見せたあと、おもむろに桶ダンスが始まるのです。

 このダンスは看守の怒声で解散となりますが、日頃抑圧されている少年たちにとっては、“仲間内のおちゃらけ”であり、“ストレス発散”の表現にもなっています。

 舞台「少年たち」における“桶ダンス”とはそういうシーンです。