昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今年もやります! 中日ドラゴンズ選手プロデュースメニュー2021〈勝手にベスト10〉

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/11/07

 中日ドラゴンズのペナントレースは終わってしまいましたが、全ての戦いが終わってしまったわけではありません。

 そう、今年もやります「中日ドラゴンズ選手プロデュースメニュー2021〈勝手にベスト10〉」!!

 

 筆者カルロス矢吹は、毎年中日ドラゴンズの本拠地バンテリンドームナゴヤで発売された選手プロデュースグルメを「全メニュー」食べ尽くしております。米粒一つとして残しません。だからこそ見えてくる、中日ドラゴンズの展望、そして課題を、ランク付けすることによって浮かび上がらせようという野心的一大プロジェクト。昨年に引き続き、めでたく今年も「文春野球」で開催の運びとなりました。(昨年の結果はコチラ

 順位の基準は至極明快。昨年に引き続き、「そのスタジアムグルメで、テンションが上がったか?」この一点です。例えば、野球ファンなら応援しているチームのユニフォームをそう安くないお金を出して買いますよね。だけどそれを街で着るか?といえばそうでない人の方が多いでしょう。ユニフォームも服であることには間違いありませんが、やはり普段着としてではなく、スタジアムでの観戦テンションを上げるために購入しているはずです。(なお、あくまで2021年新発売のメニューのみを対象とするため「マスター阿部の厳選イモ焼酎」など以前から発売されていたメニューは選外としております)

 もちろん、このベスト10は完全なる私見に拠っており、異論反論は甘んじて受け入れますが、それは筆者と同じく「全メニューを食べ尽くした上で」お願いいたします!!

 さあ、食の個人タイトルを獲った選手は誰か?そしてグルメが示唆する中日ドラゴンズの未来とは? ではランキングを発表していきましょう、プレイボール!

中日選手プロデュースメニュー2021〈勝手にベスト10〉

【第10位 雄大のアイスほうじ茶ラテ~黒蜜とバニラアイス添え~】

 昨年のランキングで、筆者は「バンテリンドームのグルメはせっかく味が美味しいのに売り方が下手」という総括をしています。具体的には、京都出身の大野雄大が地元愛から抹茶を活かしたメニューをプロデュースしているはずなのに、売店のどこを見ても「京都出身」という一言が無い。球場に来ているお客さん全員が、選手プロフィールを頭に入れているわけでは無いので、もっと初心者や相手チームのファンにも優しい売り方を考慮して欲しかった。味は美味しかったので余計に残念。ですが、今年はしっかり反映してくれました。<今年も溢れる地元・京都愛!><出身地・京都を連想させるメニュー>これらの文言があるだけで、観戦テンションも美味しさも3割U P。こちら開幕時に販売されたメニューで、食べながら「今年は一味違う」と期待に胸と胃袋を膨らませたものでした。

 

【第9位 井領こだわりのカフェオレ】

 残念ながら今年限りで中日ドラゴンズを退団する井領雅貴。彼のプロデュースメニューも、春先には販売されていました。2020年に代打として結果を残したからこそ掴み取ったプロデュース権で、本人も自身のインスタで販売開始を報告する程喜んでいましたが、それでも今年の結果が悪ければ契約は更新されない。プロ野球という世界の厳しさを思い知らされる、ホロ苦いメニューとしてランクインです。

 

【第8位 祖父江のがつんと豚の生姜焼き丼】

 名古屋市内のキャラメル工場が実家の祖父江大輔によるプロデュースメニューは、なんと豚の生姜焼をキャラメルソースで仕上げた珍品。しかしこれが合うんです。キャラメルがみりんの役割を果たし、上手に甘みと照りを出してくれて、白米との相性も素晴らしい。本当はトップ3に入れたいくらいでしたが、どこにも実家への言及が無いこと、そして何より「いいかげん中日ドラゴンズは“祖父江の実家キャラメル”それ自体を売って欲しい」という積年の願望から敢えて下位にランク付けしました。この2点は来年の改善点としてお願いします。

 

【第7位 さっぱり! たにもん仕込みレモンサワー】

 コロナ禍という状況下で全球団大変だったのが、アルコールメニューの販売だったでしょう。アルコール自体の販売を見合わせたチームも多かったので、まずは取り扱いがあったことだけでもお酒好きとしては感謝。その中でも、谷元圭介プロデュースのレモンサワーはシンプルながらしっかりと美味しかった。個人的にも最も“おかわり”をしたメニューだった気がします。

 

【第6位 福谷サクサクみそかつバーガー】

 2020年の頑張りはしっかりとグルメに反映され、今年は福谷プロデュースによる名古屋飯メニューがとても豊富でした。手羽先、知多ハイボール、中でも味噌カツをハンバーガーにしたこのメニューは、甘めのバンズと味噌だれが絶妙に絡み合う逸品。地元の物を食べて欲しい、そんな福谷の“ビジョン”がグルメに表れていた2021シーズンでした。