昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もっと小さかったらなあー」推定身長209cm、最高体重145kg…ジャイアント馬場は自身の“巨体”への呪いをどう乗り越えたのか

『雲上の巨人 ジャイアント馬場』より #1

2021/11/04

source : ノンフィクション出版

genre : エンタメ, 読書, スポーツ, ライフスタイル, 歴史

 推定身長209cm、ピーク体重145kg。恵まれた身体で華々しい活躍を見せたプロレスラー、ジャイアント馬場氏は、力道山逝去後のプロレス界を新たなスターとして牽引し続けた。

 そんな「プロレス界のレジェンド」を誰よりも知る男が、長年プロレス評論家として活躍する門馬忠雄氏だ。ここでは同氏の新刊『雲上の巨人 ジャイアント馬場』(文藝春秋)の一部を抜粋。35年ほど続いた交流における初めての出会い、そしてジャイアント馬場プロレスラーデビュー前の秘話を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む

◆◆◆

「ぶったまげた」ジャイアント馬場、身体のサイズ

 初めて見たジャイアント馬場の身体のサイズには、田舎の言葉で「ぶったまげた」の声しか出なかった。

 東北巡業での出会いから、この大きさへの印象が会う度に増幅する。石巻の会場では、緊張のあまり、馬場の肉体を上から下まで観察できなかった。それにしても16文といわれた足は、見れば見るほどデカい。

 脚を組んで、投げ出された足を見て、「ウォーッ」という声しか出ない。

©️文藝春秋

 馬場さんのレスリング・シューズは、他のレスラーと違って、踵の部分だけボコッと飛び出しているのが特徴だ。

「出ました、ジャイアント馬場の必殺16文キック」

 馬場さんの足のサイズは34センチ、16文は約38.4センチ、16インチが約40センチ。16文の由来は、アメリカでの武者修行時代、ロサンゼルスで購入した靴に(16)のラベルがついていたことから始まる。

 アメリカ初遠征で開発した16文キックは、野球の投手のワインドアップからヒントを受け、馬場さんならではの必殺技となった。「あれは偶然出た技だった」という。

 16文キックと命名したのは報知新聞の故須藤英昭記者だ。1964年春、2度目のアメリカ遠征から帰国し、日本で大暴れし出した頃だ。活字メディアが「16文キック」という言葉を使いはじめ、日本テレビの実況中継で清水一郎アナウンサー、バトンを受けた徳光和夫アナウンサーが「出ました、ジャイアント馬場の必殺16文キック」と盛んに連発するようになった。