昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/06

3ヵ月連続で最低ノルマをこなせず

 三洋、山一が破綻した直後だね。S証券のあとは地場のM証券というところに、やはり外務員として入りました。小渕さんが総理になり、公的資金で株の買い支えをしたので一時的に株価が上昇しお客さんも少しは戻ってきた。そのあとITバブルなんてのもあったから俺の生活も少し持ち直したんですよ。小岩の安アパートからも抜け出せた。以前とは比べようもないけどいくらか蓄えもできてさ。

 ところが、これも長くは続かなかった。特に小泉が総理になってからはボロボロだよ。平均株価が6500円まで落ちましたからね、おっかなくて株を買うやつなんていやしないよ。02年末から3ヵ月連続して最低ノルマをこなせなかった。そしたらあっさりクビになりました。ずっと株屋でやってきたから兜町に残りたかったけど証券会社はどこも人余り、ツテやコネを頼って職探ししたけど駄目だったよ。

©iStock.com

 ここに来る前は下落合の賃貸マンションにいたんですが、家賃を3ヵ月滞納して追い出されてしまいました。

 確かに家主にしたら迷惑な話だし、払わなかった俺が悪いんだから仕方ありません。4ヵ月ぐらいは友人、知人のところに居候させてもらっていたけど頼れる人もいなくなってさ。去年(04年)の1月に新宿へ転がってきました。

また兜町で働けるように

 今は歌舞伎町の個室ビデオ店で雑用をやっています。住民票がないからまともな会社では使ってくれません。店番、掃除、チラシ配りなんかをやっているんですよ。1日12時間もコキ使われて日当1万5000円じゃ割りに合わないけど仕方ない、公園で野宿するよりはましだからな。

 この1年、ひたすら貯金に励み何とか50万円ほど作りました。あと30万円作ればアパートを借りて職探しに専念できそうだ。とにかく住所をきちんとしないとな。そしたらまた兜町で働けるよう算段してみるよ。

 このところ企業の業績は上向いてきたし、景況判断もプラスに転じているだろ、株価も底を打ったみたいで取引所の出来高も多くなってきている。取引が活発になれば外務員を採るところがあると思うんだ。

 俺はこんなところで燻っていたくないよ。

【前編を読む】「自分はそこまで堕ちるとは思っていなかったけど…」当事者の証言で振り返る新型コロナが歌舞伎町に与えた“恐るべきダメージ”

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z