昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「結ぶだけ」でお手軽に大物が釣れる! 初心者にもオススメの“仕掛けセット”3選

サヨリ、デカアジ狙いから堤防ウキ釣りまで

genre : ライフ, 娯楽,

 釣りの初心者がまず出会う釣り方といえば、サビキ釣りやちょい投げ釣りが多いだろう。そういう方が他の釣りにも興味を持ったとき、「仕掛けの複雑さに驚いた」という話をよく耳にする。特に「ウキ」が加わることで、仕掛けはより複雑になる。

ウキを使った仕掛け

レアな魚とのエンカウント率も上がってくる

 ウキ止め…からまん棒…ウキスイベル…どの順番で通すの? オモリを付け忘れてしまった! と私自身も何度も投げ出したくなった経験が過去にある。

 さらに魚種ごとに仕掛けが微妙に違います、なんて事実を突きつけられると、混乱が頂点に達してサビキやちょい投げ釣りに逆戻りするパターンもあるだろう。どれだけブログや動画で細かく説明されていても、ターゲットを絞った専用の仕掛けを組むことはそれなりに難しいのだ。

 しかし、最近では結ぶだけで即釣りが開始できたり、複雑な仕掛けが一発で組めるセットアイテムが充実してきている。初心者の方でも本格的な釣りができるようになり、普段狙えなかったレアな魚とのエンカウント率も上がってくる。

 今回は釣りのステップアップを目指す方にオススメな3つの「お手軽セット仕掛け」を紹介したい。

取り出してそのまま釣りが可能な《うきまろサヨリ仕掛》

うきまろサヨリ仕掛

 名前の通り、この仕掛けのターゲットは細長い体型が特徴のサヨリ。

サヨリ

 サヨリは身近な魚の一つだが、仕掛けを一から組むとなると、ウキやコマセカゴの種類、針の号数などを注意して選ぶ必要がある。また餌は水面に近い方が良いので、ハリスを浮かせるシモリ玉を追加するなど、意外と専門性の高い仕掛けになる。

 しかし、「うきまろサヨリ仕掛」はそんな複雑なサヨリ釣りが何とたった1回結ぶだけで簡単に開始できるのだ。要は仕掛けが組まれた状態でパッケージされていて、取り出すと針までセットされている。

伸ばした仕掛け