昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「23年間のプロ生活、もし自分にアドバイスしてあげられるとしたら…」現役引退・松坂大輔(41)の意外な答え

松坂大輔インタビュー#3

2021/11/02

 “平成の怪物”、松坂大輔氏(41)が23年間の現役生活にピリオドを打った。1998年に横浜高校で春夏甲子園連覇を達成し、ドラフト1位で翌99年に西武に入団。2006年オフにボストン・レッドソックスに移籍し、07年にはワールドシリーズで日本選手として初勝利を挙げてチームを優勝に導くなど、日米通算170勝という華々しい成績を残した。

 一方で、度重なるケガにも悩まされた。2011年にトミー・ジョン手術を受けた右ひじや右肩、さらに2020年7月にも首の痛みと右手のしびれの治療のため頸椎を手術するなど、満身創痍だった。背番号「18」を背負った10月19日の引退試合の最高球速は118km。150km超を記録した“剛腕”の影はなかったが、スタンドの観客、そして日本中のファンから大きな拍手が送られた。引退を迎えた心境を松坂氏が語った。(全3回の3回目/#1#2を読む)

撮影:松本輝一

08年にオークランドで右肩を痛めて

――引退記者会見で、身体に変調を感じたのは「08年にオークランドで、ロッカーからブルペンに行くとき転びそうになって右肩を痛めた」と仰っていました。初めて聞く話です。

松坂 初めて話しましたから(笑)。レッドソックス入団2年目のオークランドで、その日に登板はなく、ブルペンでの練習だったんです。もともと、オークランドのロッカーから階段を下りてベンチに向かう通路は滑るから気を付けろ、と言われていました。だから毎回行くときに気を付けていたし、一応滑り止めシートが敷いてあったんですけど、その時はなぜかズルって滑ってしまい、とっさに手摺に捕まった。すると肩にバキッと音がし痛みが走った。ああ、これはもうやっちゃったなと。

撮影:松本輝一

 でも、その時は痛いけどまだ投げられたのでブルペンで投球練習はしましたね。

 そのあとのマリナーズ戦に先発登板したけど、肩がおかしくなって4回で降板。その後DL(故障者リスト)に入り、1か月後には復帰したんですよ。

――その時、コーチやトレーナーに報告したんですか。

松坂 いや、投げられるんだから報告する必要もないかなって。でも、無理していた感覚はなく、投げられる状態だったから投げていた感じ。もちろん痛みはあったけど、体の痛みなんて僕らアスリートにはつきものだし、それほど深刻には考えていなかったですね。

撮影:松本輝一

――でもその年18勝しています。サイ・ヤング賞候補にもなりました。

松坂 我慢できる痛みだったし、痛くないところを探して投げるという状態だったかな。ただ、そのオフには大事を取って長めに肩を休めたんですよ。

 09年3月には第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)があるので、年明けぐらいから肩を作っておかなきゃならないとキャッチボールを始めたんですけど、その時点で、もう今までの肩じゃないと察しましたね。