昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/15

「ご結婚おめでとうございます」とお伝えしたところ……

 出発前夜、眞子さんは赤坂御用地を訪れ、6時間半ほど滞在し、秋篠宮ご一家とどのような時間を過ごしたのだろうか。

秋篠宮ご一家。7月11日に赤坂御用地で撮影され、眞子さまが皇族の立場でうつるご家族5人での写真の提供は最後となる見通しだという 宮内庁提供

「秋篠宮殿下に対しては、眞子さんのご結婚について触れていいものかどうか、迷われる方も多いのです。殿下はこのご結婚問題が持ち上がってからというもの、一時期はずいぶんとお痩せになりました。しかし“年内ご結婚”という報道が盛り上がっていた頃からはお祝いを申し上げないのも不自然であろうと、お知り合いが『ご結婚おめでとうございます』とお伝えしたところ、殿下は『ああ、どうも』と受け答えされていたそうです。表情も普段と変わらず、平常心でおられるご様子だったと。

 紀子さまは眞子さんのご結婚が近づくにつれて、険しい表情をされることが多くなっていきました。例えば妃殿下から職員に“あとで調べておいてね”と伝えられたことが共有されていない場合などに、また別の職員に対して“何をしているの!”と叱責されることがあるようで、何か連絡ミスがあったのかもしれませんが、それでも庁内では職員らを気の毒がる声もあります」(宮内庁関係者)

本人確認のため、搭乗ゲートでマスクを外そうとする眞子さん ©時事通信社

 日本を離れる直前、搭乗ゲートを通過する際には眞子さんが本人確認のために一瞬マスクを外し、スタッフの女性に柔らかな笑顔を向けていた。婚姻届を提出して以降、初めて自然な笑顔を見たように思う。

本人確認のためにマスクを外す小室圭さんと眞子さん。眞子さんは久しぶりに柔らかな笑顔を浮かべた Ⓒ文藝春秋 撮影・吉田暁史

 眞子さんが民間人となってから取得したパスポートを左手で大切そうに持っている様子も印象に残った。10年有効の赤い表紙のパスポートだ。

 ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着した眞子さんは、マスク越しにもはっきりわかるほど満面の笑みを浮かべ、関係者らに何度もお辞儀を繰り返していた。

 小室圭さんが探し出したというニューヨークでの住まいは賃貸マンションで、今後、眞子さんは共働きも視野に入れている様子だという。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(152枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー

関連記事