昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/03

「海賊王に俺はなる夢を追いかけた後、地元に戻った」?

 たとえば次の三つのペアはどれも先ほどの例と同じく、一文目では「●●は ●●に」という語順になっており、かきまぜ後の二文目では「●●に ●●は」に入れ替わっている。それぞれのペアに対して、皆さんはどのように感じられるだろうか?

俺は海賊王になりたいと思っている。

(かきまぜ後)海賊王に俺はなりたいと思っている。

 

俺は海賊王になる夢を追いかけている。

(かきまぜ後)海賊王に俺はなる夢を追いかけている。

 

俺は海賊王になる夢を追いかけた後、地元に戻った。

(かきまぜ後)海賊王に俺はなる夢を追いかけた後、地元に戻った。

 一番上のペアについては、どちらも問題ないと思う人がほとんどだろう。それに対し、二番目のペアについては、私はかきまぜ後の「海賊王に俺はなる夢を追いかけている。」がやや不自然だと思う。ただし、「意味は分かるし、別に問題ないよ?」と言う人がいてもおかしくない。しかし、一番下のペアの「海賊王に俺はなる夢を追いかけた後、地元に戻った。」については、私と同じく、強い違和感を覚える人が多いのではないだろうか。

写真はイメージです ©iStock.com

「主節」と「従属節」の違いを意識する

 ここで注目すべきは、冒頭に紹介した「海賊王に俺はなる。」では「俺は」と「海賊王に」がともに主節の要素であるのに対し、その後の三つの例では「俺は」は主節の要素で、片や「海賊王に」は従属節の要素だということだ。

 従属節というのは、文の中に埋め込まれた「文っぽい部分」のことであり、主節はそれ以外の部分だ。「俺は海賊王になりたいと思っている。」では[海賊王になりたい]の部分が「と」によって導かれる従属節であり、「俺は海賊王になる夢を追いかけている。」では[海賊王になる]の部分が「夢」という名詞を修飾する従属節だ。「俺は海賊王になる夢を追いかけた後、地元に戻った。」でも[海賊王になる]の部分は「夢」を修飾する従属節だが、さらにそれを含む[海賊王になる夢を追いかけた]全体も「後」という表現によって導かれる従属節となっている。

z