昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さん渡米の日、天皇陛下のメッセージが…愛子さま20歳の誕生日当日に“黒田清子さん所有”のティアラをお召しにならない深刻な理由

2021/11/18

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と小室圭さん(30)がニューヨークでの新生活を始めた。約12時間のフライトを終えてジョン・F・ケネディ空港に降り立った眞子さんは、羽田空港の搭乗ゲートでの報道陣に鋭い視線を投げかけた表情とは打って変わって、マスク越しにもはっきりわかるほど満面の笑みを浮かべ、関係者らに何度もお辞儀を繰り返していたことが深く印象に残った。

11月14日、ジョン・F・ケネディ空港に到着した小室眞子さん(代表撮影) ©時事通信社

海外メディアやパパラッチまで眞子さんに注目

 お二人の新居と思われるマンハッタンのヘルズ・キッチン地区のマンションや周辺の様子を様々なメディアが報じているが、海外メディアやパパラッチまで眞子さんと小室圭さんの動向に注目しているのだという。

 宮内庁は眞子さんの複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断と、〈結婚されることで、眞子内親王殿下のご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、「複雑性PTSD」の改善が進むと考えられます〉という医師の文書を公表したが、結婚と渡米によって病状は快方に向かうのか、多くの関係者が心配しながら見守っているのではないだろうか。

眞子さん渡米当日に天皇陛下がビデオメッセージを

 11月14日、眞子さんと小室圭さんが日本を出発した日に、天皇陛下があるメッセージを発信されていた。学習院の同窓会組織「桜友会」の設立100周年記念式典・特別講演に際して、ビデオでおことばを述べられたのだ。

新しい住まいの「御所」に入居された天皇ご一家 ©JMPA

 天皇陛下は「学習院桜友会設立100周年を同窓生の一人として、心からお祝いいたします」と述べられ、陛下が学習院初等科生の時に参加されたバザーや初等科から高等科での沼津遊泳、OB管弦楽団などの思い出を振り返られた。

 100周年を迎えるまでのあいだに「活動が困難な時代もあったと聞いていますが、桜友会では長年にわたり、卒業生が現役学生の面倒を見る、先輩が後輩を支えるという良き伝統を育んできました」として、現在の14万人を超える会員数や、全国そして海外にも存在する支部にも言及されて、「日本各地や世界で活躍する学習院卒業生が親睦を深める場となっています」と述べられた。