昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サムライヘアも肉体改造も「ショパンコンクール」のため…"規格外のピアニスト”反田恭平の緻密戦略

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 音楽, ライフスタイル

サムライヘアも肉体改造も「ショパンコンクール」のため…"規格外のピアニスト”反田恭平の緻密戦略

 

世界を魅了した"サムライ・ピアニスト"

約半世紀ぶりの偉業を成し遂げた男は、 11月20日、万雷の拍手で迎えられた。
東京・港区赤坂で行われた凱旋コンサート。                        「ショパン国際ピアノコンクール」でも見せた超絶技巧が、2000人の観客を圧倒する。

だが、そのピアニストらしからぬ、ちょんまげ、口ひげ姿と、ガッチリ体型に違和感を覚えた人も多いはずだ。 いったい何のために、そんな風貌を…!?
日本に戻ったばかりの本人に聞いてみると…

 

ピアニスト 反田 恭平さん:
 やっぱりアジア人の顔は似ているということで、ステージに出た瞬間に覚えてもらうようにしよう…

そう、すべては「ショパンコンクール」で勝ち残るための戦略…

反田恭平…聞けば聞くほど、この男、“規格外”のピアニストだった!!

10月、ショパン国際ピアノコンクールの結果発表。2位に、反田(そりた)恭平という名が轟いた。 決勝の舞台で、すでにフラグは立っていた。
反田のピアノが終わると、まだオーケストラが鳴り止まないのに、 嵐のような拍手が巻き起こったのだ。耳の肥えた欧州のクラッシックファンさえフライングをさせてしまう、反田マジック…

しかも、生配信された動画サイトの再生数は、優勝者さえ突き放し、ぶっちぎりの250万回超えだ!この快挙で、ついに世界中の音楽ファンが実力を認める存在にもなったのだが…
実際に話をして驚いた。彼には、いわゆるアーティスト特有の気むずかしさなど微塵もない。

ピアニスト 反田 恭平さん:
(銀メダル見せながら)ただこれがね、まだ測ってないんですけど、けっこう重いんですよ。
500グラムは必ずあるなっていう感じなので…

この飄々とした語り口…一体、反田恭平とは、どんな男なのか?

元々はサッカー少年…異例のピアニスト人生

音楽好きの母の影響で、4歳の頃からピアノは始めていた。
しかし、幼い反田がそれ以上に夢中になっていたのはサッカーだった。
だが、ケガでその夢を絶たれると人生の目標を失った。