昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《音声公開》「あなたが作業しなかったんじゃないですか」「馬鹿にしないでくださいよ」…コロナ禍での“副業詐欺” そのアコギな実態とは?

跋扈するコロナ禍“副業詐欺” #2

2021/12/03

 新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが急速に普及したことに伴い、自宅で空き時間に気軽にできる「副業」が広がりをみせている。

 一方で、そうした副業を始める人のなかには、コロナ禍で職場を解雇となり収入を失った人や、失職にまではいたらなくとも勤務時間の短縮によって減少した収入を補おうとする切実なケースも多い。さらに定年退職後の老後の資金を少しでも蓄えようとする高齢者もいる。こうしたコロナ禍での困窮を理由に副業を始めたにもかかわらず、収益を得られず訴訟沙汰となっているケースもある。

※写真はイメージ ©iStock.com

◆ ◆ ◆

「かなりの収入が期待できる」「作業は3ステップ」

「スマホで稼げる口コミNo.1の副業アプリ」

「完全無料でレクチャーしています」

「無料アプリで稼ぎ放題」

「稼ぎ方はこんなにカンタン 無料のアプリを選んで 無料アプリを簡単インストール すぐに報酬発生」

 副業サイト運営会社「T-cloud(ティークラウド)」のウェブサイト『サイドプランナー』では、このようなうたい文句で副業に関心を持つ人を勧誘している。

 利用者がLINEアカウントに登録して「スタートアップガイド」と称する数千円の電子書籍を購入すると、以下のようなメッセージが送信される。

「【お仕事の内容】誰でもできる3ステップ (1)無料アプリを選ぶ!(2)無料アプリをダウンロード(3)報酬を受け取る ダウンロードした時点で報酬が発生」「たったこれだけの作業で、10万円以上稼げるお仕事は他にありません。サイドプランナーの会員様の9割は副業未経験の方ですが、難しい操作がないので、かなり稼いでいます」

「かなりの収入が期待できる」「作業は3ステップ」といったうたい文句や手順は、「#1」で紹介した「woods(ウッズ)」が運営していた副業サイトとも似通った内容となっている。そして、woods同様、その言葉を信じて副業を始めた約20人が、「まったく収入を得られない」としてT-cloudを相手に約900万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。