昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“連ドラ60本も主演なし”から“深夜ドラマの女王”に 山口紗弥加41歳、遅咲きの理由

 激戦のアラフォー女優界にあって、出演本数で目立つのが山口紗弥加(41)だ。

「昨年以降、民放連ドラだけで5作。放送中の『ラジエーションハウスⅡ』(フジ系)ではガサツながら仕事は完璧にこなす独身の放射線技師。まさに山口が得意とする役柄」(放送記者)

18年には『主婦カツ!』で憧れの鈴木保奈美と共演

 山口の女優人生は平坦ではなかった。鈴木保奈美に憧れ、女優を志し芸能界入りしたのが1994年、14歳の時。萩原聖人・木村拓哉主演『若者のすべて』で萩原の妹役という上々のスタートだったが……。

「当時の所属事務所はアイドル女優として売り出すべく、歌手デビューさせ、『笑っていいとも!』などのレギュラーも獲得。だが本人はあくまで女優志向だった」(芸能デスク)

 方向性に迷っていたさなかの2001年、スキャンダルが飛び出す。堂本剛宅から朝帰りする姿を『フライデー』が捉えたのだ。

「2人は堀越高校の同級生。だがやはりジャニーズのトップアイドルとの恋は難しく、やがて破局したと見られている。同時期、山口は進学していた帝京大学も中退。後にこの頃を『目の前のことに精一杯で、大きな夢が抱けなくなった』と振り返っている」(同前)

 転機は事務所移籍だった。03年、広末涼子らを擁する「フラーム」に移籍。

「女優育成とテレビ局への営業力に優れる事務所。社長は山口に『主演を獲ろう』と言ったという」(同前)