昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

5時間にも及ぶ大手術

――お腹と顔まわりの2箇所から、脂肪を吸引したと。

美奈子 そうです。どこから脂肪を取るかは、自分で決められるんですけど、やっぱり一番気になっていた顔まわりとお腹にしました。太ももと悩んだんですけど、お腹に浮き輪をずっとつけているような感じだったので、まずはお腹だなと思って。

手術前の美奈子さん

――手術は何時間くらいだったのでしょうか。

美奈子 5時間はかかりました。後から手術中の動画を見せていただいたんですけど、衝撃を受けました。だって先生が、掃除機みたいなバキュームで、私の脂肪をゴシゴシしているんですよ。先生の腕、大丈夫かなと思って。麻酔している私は、グラグラ揺れていて、滑稽でしたね。

手術前の美奈子さん

――脂肪をゴシゴシするんですか。

美奈子 脂肪はすべてくっついているので、ゴシゴシして、脂肪を柔らかくしてから取るみたいです。その作業がすごく大変なんですよ。

 取った脂肪は、いちごミルクのようなピンク色をしていました。マネージャーはそれを見てから、いちごミルクが飲めなくなっちゃったみたいです。

――3.5Lの脂肪を取ると、体重はどのくらい変わるものなのでしょうか。

美奈子 3キロくらいですかね。脂肪吸引は体重が減るというより、サイズダウンが目的のようです。脂肪って軽いので、体重にはあまり反映しないんですよね。

 でも見た目はかなり変わりました。二重顎はなくなったし、顔の丸みも取れて、お腹の浮き輪もなくなりました。お腹の方は完全に腫れがなくなるまでは、3ヶ月かかるみたいなので、まだダウンタイム中のようです。

手術後の美奈子さん
手術後の美奈子さん

――そもそもなぜ痩せたいと思ったのでしょうか。

美奈子 子供たちから「美奈子と服がシェアできたらいいのに」、「美奈子が同じサイズだったらたくさん洋服買ってもらえたのに」って言われたんです。何気ない一言だったんですけど、たしかに、私が子供と同じサイズだったら、家計にとっても経済的だなと思って。

手術後の美奈子さん

 大家族ってお下がりが重要じゃないですか。特にうちは女の子が7人いるので、シェアできる服は大事なんです。常日頃「節約、節約」と口すっぱく言っている私が、これじゃダメだなと思って、痩せることを決意しました。

 それに今年2人目の孫が生まれたんです。小さい子供もいるし、いつまでも健康でいなければと。それがきっかけですね。