昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

14位 279P オードリー 「春日が最強」

 14位は今年で結成21年のオードリー(前回17位)。「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(日本テレビ系)や「あちこちオードリー」(テレビ東京)など、人の魅力を引き出すMCとして才能を完全に開花させています。

オードリーの若林正恭(左)と春日俊彰 ©文藝春秋

「春日が最強」(26・男性)

「若林さんは、本音を言いつつ炎上しないようにご自身の意見を伝えるバランス感覚が素晴らしいので、嘘がない信頼できる人だと思う」(40・女性)

「仲良さげで可愛らしい。若林さんが人見知りを若い頃の話として明るくしている姿が、根暗として希望になる」(41・女性)

「若林さんの大ファンだけど、春日は天才だと思う」(32・女性)

「ときどき毒舌すぎる若林さんと包容力のある春日さんのバランスがいい」(33・女性)

「春日さんの数少ない手数のギャグで大爆笑してる若林さんが好き」(17・女性)

「ラジオのフリートークが1時間近くになることもあるが、それを面白く保たせるコンビはそうそういないのでは」(42・女性)

「『ヒルナンデス』での壊れないIKEAチェア大破事件や、春日の結婚後のスキャンダルがあっても、それを包み隠さずオープンにしてむしろ上り調子になっている。それは実力」(26・女性)

「『あちこちオードリー』は毎週の楽しみです。どのゲストもつい話し過ぎてしまうのは引き出す力があるからだと思います」(30・女性)

13位 325P さらば青春の光 「人間のエグイ部分を暴いてくれる」

 個人事務所を立ち上げてコンビが社長・副社長を務める異色のコンビが13位にランクイン(前回35位)。スキャンダルさえも笑いに変えるギリギリのネタ作りが「程良く品のない笑いが好き」(52・男性)と人気を集めています。

さらば青春の光(さらば青春の光公式HPより)

「コンビ結成以来、様々な苦境や不祥事があったが、それを見事に乗り越えて現在がある。森田はゲスキャラを演じているが、言動の端々に生真面目さを感じる」(43・女性)

「人生丸ごとお笑い芸人って感じがして好きです」(23・女性)

「不謹慎なところ。人間のエグイ部分を暴いてくれる」(61・男性)

「テレビでできないネタも多いがどのネタもとても面白い」(30・女性)

「YouTubeの企画の面白さが芸人の中でも圧倒的で公式チャンネル、裏さらば、五反田ガレージどのチャンネルの動画もハズレなく面白い」(19・女性)

「ブクロさんは、自分に正直に生きている所が魅力です」(52・女性)

「毎週こんなクオリティの高いYouTube動画を出せるのはすごい。個人事務所だから型にはまらずできるのかなと思う。東ブクロをニヤニヤしながらいじる森田という構図が大好物」(25・女性)

「問題児の東ブクロであるが、彼を知れば知るほど沼にハマる。この問題児を見事に操れるのが森田哲矢。この2人の息のあったコンビネーションに勝てる芸人はいない」(21・女性)

「コント力えぐい、実力派すぎる」(19・女性)

「下品なのに笑ってしまう。発想力がすごいから」(19・女性)

「年を重ねた森田が、今ちょうどよく脂が乗っている。手数が多く進行も上手なので、見ていて安定感がある。あまりに有能すぎてテレビマンに都合の良い使われ方をされ、消費し尽くされるのではないかとたまに心配になる」(41・女性)

12位 333P ぺこぱ 「最後のところで肯定してくれる」

「M-1グランプリ 2019」でブレイクしたぺこぱは12位(前回5位)。ぺこぱが「否定しないツッコミ」でつくった漫才の一大ブームは衰える気配を見せない。4月からは念願の「ぺこぱのオールナイトニッポンX」も始まった。

ぺこぱのシュウペイ(左)と松陰寺太勇 ©AFLO

「最近はあまり言ってくれないけど『時を戻そう』とか『だが…いい』に心をいやされるからです。シュウペイさんの強烈なママも面白い」(87・女性)

「他人を傷つけない笑いが大好き、時代にもぴったり合致しているし」(68・男性)

「一発屋になるかと思いきや、優しいイメージを活かした昼の情報番組や子供番組はもちろん、松陰寺さんは野球や音楽、シュウペイさんはサッカーやジャニーズなどそれぞれの得意分野を活かした仕事をしていたり、最近ではラジオで優しくないぺこぱも見せていて飽きさせないのが面白い」(25・女性)

「グイグイ来ないところ」(51・男性)

「松陰寺のロッテ愛がすごいところが親近感わく」(58・女性)

「出てきただけで笑ってしまう!」(59・女性)

「TVに良く出ているのにどこか未だに苦労人の感じがあるのも良い。上から目線が全く無く嫌味も無い。キャラ自体は凄く立っているのに派手ではなく純粋な面白さがある」(38・男性)

「最後のところで肯定してくれるから」(65・男性)