昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

8位 646P 有吉弘行 「ラジオが下衆すぎて面白い」

 前回9位から8位にひとつ順位を上げた有吉弘行(47)。いまや11本の冠番組を持つ、テレビ界最強となりました。「口は悪いが、人の悪口は言わない」(73・男性)という毒舌と人情味の両立を絶賛する意見が多く集まりました。

有吉弘行 ©時事通信社

「MCとしてキッチリ進行もできますが、深夜だといまだにド変態ぶりを披露してくれるところが大好きです」(55・女性)

「有吉さんの番組のお陰で芸能人が活躍のきっかけを貰って居る」(52・男性)

「『有吉の壁』のおかげで今まで知らなかった芸人を沢山知るきっかけになった。彼のバランス感覚、安定感は、松本人志氏の後に続く大物司会者だと想っている」(48・女性)

「毒舌のように見えて、実は相手をひきたてる話術と人柄のよさ」(74・男性)

「マツコさんとの絡みが一番好きです。笑顔も屈託なくていいです」(52・女性)

「幅広い知識に基づいた発言。チョイスする言葉のセンスの良さ。発言の一貫性」(47・女性)

「苦労してどん底を経験してきたことも有るんでしょうが、お笑いに取り組む姿勢に覚悟とか信念が感じられます」(59・男性)

「夏目さんが惚れた男ですから、すごい男ですよ」(59・男性)

「愛のある毒舌と本当にお笑いが好きなんだなと思えるところ」(47・女性)

「批評性があるハイコンテクストさを隠しつつ、まるで乱暴に振る舞ってるように見えるテレビ性がある稀有な存在だと思います」(38・男性)

「ラジオが下衆すぎて面白い」(31・男性)

「最近は大御所感が出てきて、若手の育成にも熱心で好印象」(28・女性)

「地獄から這い上がり、下剋上をするタフさ」(23・女性)

7位 768P かまいたち 「叩かれることを恐れない生き様」

 前々回35位、前回11位からさらに順位をあげたかまいたちが7位に。M-1で3年連続で決勝に進出するなど漫才師としてのイメージが強かったですが、すっかりテレビの顔に。2020年にはじまった「かまいガチ」(テレビ朝日系)も好調で、10月からは「千鳥かまいたちアワー」(日本テレビ系)もスタートしています。

かまいたちの山内健司(左)と濱家隆一 ©時事通信社

「ゲスな山内と上品(に見える)な濱家の組合せが極上です」(53・男性)

「濱家さんの仕切りの上手さやワードセンス、山内さんの現場を掻き回す狂気的な所も、この2人にしか出せないコンビ間の間合いも好きです」(43・女性)

「漫才、コントが面白いのは勿論のこと、YouTubeではお二人の仲の良さが良く出ていて、色んな企画をやってくれるので毎回楽しみです。それと何よりお二人のお人柄が最高です」(53・女性)

「山内のトークがおもしろい。叩かれることを恐れない生き様もおもしろい」(44・女性)

「山内さんは大喜利やリアクションなど笑いに特化していて、濱家さんは仕切りやロケの聞き込みなど対人的好感度が特化している。2人合わせてかまいたちだとよくわかる」(18・女性)

「メディア露出に驕ることなく、You Tubeも2日に1本のペースでアップしていて、ストイックすぎる」(29・女性)

「YouTubeからハマりました。濱家さんが山内さんの言うことにケラケラ笑うのがかわいいです。ふたりが仲良しなところも好きです!」(22・女性)

「ネタ、トーク、ロケ、YouTube何でも出来るし、番組内容もゴリゴリのお笑い系もあれば、

 音楽番組の裏配信や、ゆるくまったりした内容、学生の子達と絡むようなものまで、どのジャンルにも対応出来ているのが凄い」(32・女性)

「山内さんのキレッキレの目がいい」(53・女性)

「濱家さんがとにかくカッコいい。背が高く笑顔がステキ、さらに家族思いの最高な男性です」(18・女性)

「いじられてるのも面白いけど、MCの時に、人の言葉をきちんと拾って、笑いに持っていく上手さは、流石だなと思います。次世代の『アメトーーク』的な番組をやって欲しい」(40・女性)