昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

RIKAKOとの結婚、中谷美紀との不倫報道…渡部篤郎53歳が“家庭人”となった理由

 12月20日が最終回の『アバランチ』(フジ系)で怪演を披露した渡部篤郎(53)。綾野剛らアウトロー集団と対する内閣官房副長官役だ。

「眉間にしわを寄せ不気味な笑いを浮かべる“顔芸”に凄みがあり、昨年『ルパンの娘』で見せたコミカルな演技とは対照的。映画『マスカレード・ナイト』では熱血が空回りする刑事係長と、最近の渡部は癖のある役が似合う」(放送記者)

『外事警察』『警視庁いきもの係』など警察官役も多い

25歳の時にRIKACOと結婚

 渡部は高校中退後、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』の足軽役などエキストラを経験し、俳優を志す。丹波哲郎が主宰する俳優道場に所属し、日活ロマンポルノに出演したこともある。

「後にロマンポルノ出演の経歴を書かれたこともあったが、本人曰く『作品が何かは気にしてなかった』」(ベテラン芸能記者)

 1991年、2夜連続ドラマ『青春の門』のオーディションに挑戦し、原作者のベストセラー作家・五木寛之氏に「彼しかいない」と指名を受け主演。だが知名度を上げたのは94年の結婚。相手はRIKACOだった。渡部25歳、RIKACO27歳。

「『浅草橋ヤング洋品店』などのレギュラーを持ち、1億円を稼いでいるともいわれたRIKACOのほうが知名度は圧倒的に上。RIKACOには“夫を俳優として出世させる”という雰囲気が漂っており、小柳ルミ子と大澄賢也のような関係にも見えた」(同前)