昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私と妹のダメなところを集約的に…」20年以上愛される“おジャ魔女”のドジっ子キャラができるまで

「おジャ魔女どれみ」プロデューサー・関弘美さんインタビュー<前編>

source : 電子書籍

genre : エンタメ, 映画, テレビ・ラジオ

 どれみとぽっぷは、実在する姉妹のテイストを綺麗に2つに分けてみました。ぽっぷは、意外としっかりしているタイプ。私よりも妹に近いですね。家の中では、どれみよりもぽっぷの方が優勢な位置にいますよね? そこも全く一緒です。私はよく喋るタイプだと思われているみたいだけど、家に帰ると妹の方がよく喋ります。私は本を読んだり音楽を聞いたりして、妹は母親と喋ってガチャガチャ動いてますね。

©東映アニメーション

 放送当時はちょうど子供の数が減り始めて、ひとりっ子の比率が多くなっていました。そんな中で、ちゃんと兄弟や姉妹のいる家族を入れておきたくて、クラスメイトのお兄ちゃんや妹のお話も入れて「兄弟がいるとこういうことが起こるんだよ」と伝えたかった。魔女見習いの子たちの中にも、ひとりぐらい男の兄弟がいる子を入れた方が良かった、と今となっては少し反省しています。

後編に続きます。

このインタビューは2020年11月に発売された「おジャ魔女どれみ OFFICIAL CHARACTER BOOK どれみ&おんぷ大全」に収録されたインタビューを一部転載したものです。

おジャ魔女どれみ OFFICIAL CHARACTER BOOK どれみ&おんぷ大全 (文春e-book)

文藝春秋電子書籍編集部 ,東映アニメーション ,岩佐 陽一

文藝春秋

2020年11月12日 発売

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

電子書籍をフォロー