昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/30

「そんなこと言わないで……」

 また、ミキは泣き出してしまった。

「ペレがどうでもいいわけじゃないって。好きだよ」

 これではペレに説得されてしまうのではないか。私はもう強行手段しかないと考えた。ミキの携帯を素早く取り上げる。

「こんにちは」

「やめて!」

 ミキが慌てて止めに入るが振り払う。無駄なトラブルに巻き込まれるのは本当に嫌だが、取材をしていて情が移ってしまったようだ。

少女が選んだ“地獄”「ペレごめんね」

「ちょっと、ミキさんに酷すぎることしてませんか?」

「あ、誰? 用事ないんだけど。ミキに代わってくれる?」

 さっきまでミキに怒鳴っていたのとは違い、とても冷静な対応だ。普通、彼女と電話で話していて、違う男が出たら激怒するのが当たり前だ。

「先日、パチンコ店で会いましたよね。もう、ミキさんは仕事を辞めたいようですよ」

「あー。ミキの男? ミキの何を知ってる? 俺たちに金を借りているし、面倒見ているホストに病気をうつしたこともある。前働いてたスナックでもルール破った。あなたが立て替えられるのか?」

 ペレは私に対して恐喝にならない体裁で脅してくる。どこで習ったのかは知らないが、暴力団の使う典型的な手法だ。裏社会の住人は自分にとって金になる人間を、安易に手放すことはしない。金のなる実を奪うには、それなりの対価の支払いを要求されることがほとんどだ。

 簡単に言えば、私が求められているのはミキを解放する条件として、ペレに金を払えということだ。だが私はミキのために金を払う意気込みはない。

「いくら必要ですか?」

 私は具体的な金銭の額を提示させ、恐喝で逮捕させてやろうと罠を仕掛けた。

「あなたが金を払う必要はない。関わらない方が良いよ。俺たちもボランティアみたいな気持ちだよ」

 すると、ミキから強引に電話を奪われた。ビンタをされる。

「やめてよ馬鹿! ペレごめんね」

 必死にペレに言い訳をするミキ。私はその哀れなミキの姿を見て、自分の気持ちが急激に冷めていくのを感じた。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z