昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「楽しいなんて感覚でやったことがなくて…」それでも大塚愛(39)が歌い続ける“本当の理由”《デビューから19年》

大塚愛さんインタビュー #2

2022/01/15

 大ヒット曲『さくらんぼ』をはじめ、『SMILY』、『プラネタリウム』など、これまで数々の楽曲を世に生み出してきたシンガーソングライターの大塚 愛さん(39)。

 デビューから19年、常に第一線で活躍しつづけてきた大塚さんですが、「今もまだ目標は達成できてない」と言います。さらには、「基本、仕事は楽しくない」と語る意外な真意とは――。お話を聞きました。(全2回の2回目/前編から続く

大塚 愛さん

◆ ◆ ◆

――前編では、自分では尖ったことをやっていたつもりなのに、デビュー直後はそれが「かわいい」と捉えられてしまったことに違和感を覚えていたと伺いました。では、今の大塚さんはどのカテゴリーにいると感じていますか?

大塚 何なんでしょう。よく分かんない人じゃないですかね(笑)。

――(笑)。デビューしてからは、ご自身の実力不足を感じる機会も多かったとのことですが、この19年間の活動を振り返ってみて、なかでも大変だったこと、失敗したなと思うことはありますか?

大塚 もう毎回と言ってもいいぐらいですね。ライブもテレビも、うまくいったなと思えるのはほんと5本の指に入るぐらいしかないから、ほぼ失敗みたいな。その中でもこれ、というのをあげるのは難しいんですけど……一番つらかったのは、『ポケット』というシングルを出したときに、テレビに出たんですよ。でも、本番になったらイヤモニの電池が切れていて、音が出なかったんです。

『さくらんぼ』リリース時の大塚さん

 それでも、外で鳴ってる音を拾ってなんとか歌ったんですけど、自分の中でその楽曲への思い入れとか、一生懸命大事にしたいという気持ちが強すぎちゃって、そうしたトラブルがバッて起きたときに、どうしようってなってしまって。生放送だったし、もう怖くて、声も震えちゃって全然歌えなかったんですよね。それが本当にショックで、終わった後、楽屋ですごく号泣したのは覚えています。

「頑張って友達を作らなきゃ」とは思わない

――そんなことが……。そうした大変な経験をしたときに、例えば友達に愚痴をこぼしたり、弱音を吐いたりすることもあるんでしょうか?

大塚 もともと、自分から表に出て誰かに声を掛けるようなタイプじゃないんです。誘われたらいく、という感じで。

――ご家族に相談されることもあまりなかったですか?