昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

大塚 親にも自分のことはほとんど喋らないので、私がこういうことで悩んでいた、みたいなことは知らないと思います。あんまり「お母さん!」ってタイプじゃないので(笑)。

――子供の頃から、人とのコミュニケーションは受け身な方だったんですか?

大塚 小学校の低学年くらいまでは、すごい強気な人だったんです。何でも一番がいいし、女の子のグループを引っ張ってるような、そんなタイプでした。でも、それが巡り巡って、1回いじめられたことがあって。それからは、グループで動くことに一切興味が無くなりました。色々な人と仲良くなるよりは、信頼できる1人か2人と一緒にいればいいんだと思って。

――そう思われたのが小学生の頃?

大塚 小学校の高学年くらいですね。なので、頑張って友達を作らなきゃと思ったことは、それからは全くないですね。さすがに子どもを産んでからは、いろんな人としゃべっていかなきゃいけないというのもあって、ちょっとずつ社交的になって、ここ数年でようやく自分から誘えるようになったぐらいです。でも基本的には、やっぱり少人数でいいかなと。

「基本、仕事は楽しくないです(笑)」

――まずは大変だったこと、つらかったことについて伺いましたが、反対にこの19年間で楽しかったことを挙げるとすると、何になりますか?

大塚 んー、もちろん楽しいこともたくさんあったと思うんですけど……、でも、仕事では基本、楽しいことはないかもしれないですね。打ち上げとか、そういう仕事とは関係ないところは楽しいんですけど、テレビとかライブに出ても、表から見えている絵が今どうなってるかを常に考えて、自分の中で審査しながら歌っているので、楽しいなんて感覚でやったことがなくて。

 

――曲を作っているときはどうですか?

大塚 最終的にミックスをやって、ああ、よくできたな、というときだけが唯一喜びを感じられる瞬間ですね。だから基本、仕事は楽しくないです(笑)。

――なるほど(笑)。でも、仕事が楽しくないとしたら、それでもデビューから19年間、ここまで活動を続けることができたのはなぜなんでしょうか?

大塚 目標が達成できてないから、ということだと思います。

自信を持って「好き」と言ってもらいたい

――目標とは?

大塚 やっぱり自分自身が満足できるレベルになることと、それが世間のイメージともイコールになることですね。自分でも自分のことをすごく好きだって言いきれて、ほかの人たちにも自信を持って、「大塚愛好きなんだよね」って言ってもらえるようなアーティストになりたい。だから、それは今も達成できてないんです。

――しかし、大塚さんのファンもかなり多いと思うのですが。