昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

第10位 《被害女性に顔を寄せる容疑者写真》「ホンマ好きっすね」とイジられた56歳会社員は…

《被害女性に顔を寄せる容疑者写真》「ホンマ好きっすね」とイジられた56歳会社員は…大阪カラオケパブ刺殺

6月18日

被害者の稲田真優子さん(右)に対し、カウンター越しに顔を近づける宮本容疑者(左)

 大阪・JR天満駅近くでカラオケパブ「ごまちゃん」を経営する稲田真優子さん(25)が6月14日に店の中で遺体で発見された。大阪府警は18日、同店の常連客である宮本浩志容疑者(56)を殺人の疑いで逮捕した。真優子さんは以前勤めていたカラオケスナックの頃から宮本容疑者にしつこく付きまとわれ、周囲に「しつこいお客さんがいる」と相談していた。

この記事の他の写真も見る

第9位 「勝ち組の典型にみえた」小田急線無差別刺傷 加害者が20代女子大生を執拗に刺したワケと犯行直前の“ある事件”

「勝ち組の典型にみえた」小田急線無差別刺傷 加害者が20代女子大生を執拗に刺したワケと犯行直前の“ある事件”

8月7日

対馬容疑者の自宅アパート。部屋のガラスが割れている ©文藝春秋

 8月6日20時頃、小田急小田原線の電車内で対馬悠介容疑者(36)が複数の乗客を刃物で刺傷する事件が起こった。持ち込んだ牛刀で切りつけるなどして男女10人に重軽傷を負わせた。容疑者は犯行の動機について「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思うようになった」などと語っていた。写真は対馬容疑者が住んでいたアパート。窓が割れ、ガムテープで補強されていた。

この記事の他の写真も見る

第8位 「ママ、死にたい」自慰行為強要、わいせつ画像拡散……氷点下の旭川で凍死した14歳女子中学生への“壮絶イジメ”

「ママ、死にたい」自慰行為強要、わいせつ画像拡散……氷点下の旭川で凍死した14歳女子中学生への“壮絶イジメ”《親族告発》 

4月15日

廣瀬爽彩さん

 3月23日、前月から行方不明になっていた中学2年生(当時)の廣瀬爽彩(さあや)さんの遺体が凍った状態で発見された。取材班が取材を進めると、爽彩さんは中学入学当時から壮絶ないじめを受けており、失踪寸前までいじめが原因のPTSDに悩まされていたことが分かった。当初学校側はいじめの事実を否定していたが、4月に旭川市は「重大事態」に認定。現在も第三者委員会による調査が続いている。

この記事の他の写真も見る

第7位 関ジャニ横山裕(39)とNMB48“史上最強BODY”メンバー(20)が「京都お泊まり」12時間熱愛

関ジャニ横山裕(39)とNMB48“史上最強BODY”メンバー(20)が「京都お泊まり」12時間熱愛

3月23日

ホテルのエレベーターから降りてきた横野すみれ Ⓒ文藝春秋
ホテルを出て「マシーン日記」の公演に向かう関ジャニ∞の横山裕 Ⓒ文藝春秋

 3月5日からロームシアター京都で上演されていた舞台「マシーン日記」の主演、「関ジャニ∞」の横山裕の宿泊先のホテルの部屋に「NMB48」の人気メンバー・横野すみれが入る様子をスクープ撮。横山と密会した6日後に別のジャニーズメンバーと密会していた様子も取材班はとらえた。横野は5月23日に自身のブログで芸能界の活動辞退を発表した。

この記事の他の写真も見る

第6位 《顔は真っ青で出血も…》今泉佑唯が119番救急搬送 ワタナベマホトに目の前で手錠「もう本当に疲れた」

《顔は真っ青で出血も…》今泉佑唯が119番救急搬送 ワタナベマホトに目の前で手錠「もう本当に疲れた」

3月19日

「文春オンライン」の取材に答える今泉(2019年) ©文藝春秋

 3月17日、元人気ユーチューバー「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡容疑者がファンだった当時15歳の少女にわいせつな写真を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで警視庁に逮捕された。婚約者の逮捕を目の前で目撃した元欅坂46の今泉佑唯はショックのあまり体調を崩し、病院に緊急搬送された。その時の今泉は真っ青な顔にうつろな表情で、出血している様子もあったという。

この記事の他の写真も見る