昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1位 氷川きよし 「歌はわが命」

1位 氷川きよし ©文藝春秋

「歌から気迫、決意、魂が感じられ、あの圧倒的な歌声と視線表情に引き込まれた。あなたの笑顔の表情に癒され、声の響きが凄すぎた。感動して、鳥肌がたった」(19・女性)

「歌もビジュアルも最高!」(51・女性)

「美空ひばりさんの曲ですがきよしさんはひばりさんをリスペクトしながらご自分の歌として立派に歌い切りました。感動でいっぱいでした」(65・女性)

「いつもながら、衣装がすばらしい。歌唱が胸に響いた」(71・女性)

「紅白に演歌はいらないという風潮ですが、氷川きよしさんがでると場がしまります」(60・女性)

「氷川きよしさんの心の叫びを聴いたように思います」(60・女性)

「紅白22回の出場で初めてのカバー曲でしたが、歌手としてこれからも歌っていく思いや使命を、心の奥底からの魂で歌い上げてくれました」(72・女性)

「ひばりさんへのリスペクトと共にご自分の歌手人生もこの歌に重ねたような歌唱は、生身の氷川きよしさんのナイーブな感情の動きも手に取るように分かり息をするのも忘れて聴き入りました」(50・女性)

「栄光と影、壮絶な歌手人生を送った美空ひばりさん、私はファン歴70年永遠のファンです。氷川きよしさん歌唱の歌は我が命は、ひばりちゃんと重なって泣けて泣けて仕方ありませんでした」(81・女性)

「派手な衣装も似合いますがシックな黒がより美しさを際立たせていました」(70・女性)

「テレビの前で思わずブラボーと叫んだくらい魂の歌唱だった」(69・女性)

「最高でした。何の演出もなく、歌をじっくり聴かせてもらい、きよしさんの思いをしっかり受け止めました。改めて歌唱力に圧倒されました」(64・女性)

「黒の衣装でマイクに真紅のバラ一輪のみ、ビジュアルでもパフォーマンスでもなく、その魂と歌ぢからで聴く人を圧倒してみせました。感動で涙がでました」(77・女性)

「やはり歌手の生命線である声が良い」(70・女性)

「紅白の顔になっています。2021年も圧倒的な歌唱力で魅了してくれました」(41・女性)

「自分の人生と重ね合わせてって仰ったとおり、素晴らしい渾身の歌唱だったと思いました。歌い終わりには、心の中で拍手をしておりました」(74・女性)

「ひばりの後を継げるのは自分しかいない。そんな思いのこもった熱唱だった」(73・男性)

「そのままの自分でいいんだよというメッセージが込められていたように思う」(37・女性)

「今どきのジェンダーフリーをそのまま見せてくれた」(66・女性)

「正統派で圧巻の歌声に聴き入ってしまいました。最近はとても綺麗で色っぽくて、素敵さが増したと思います」(30・女性)

 
 

 

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー