昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

4位 藤井風 「きらり」「燃えよ」

4位 藤井風 (公式インスタグラムより)

「東京国際フォーラムで歌唱した『燃えよ』のアウトロの超絶演奏は圧巻」(62・女性)

「実家から曲を披露した感じに見せつつ、会場に来る…という司会者にも内緒のドッキリ企画が楽しかったです。ご自身の曲も素晴らしかったのはもちろんですが、最後にMISIAさんの曲のピアノ伴奏として参加した事も含めて最高でした」(40・女性)

「ピアノも遊びの延長のように楽しく演奏されるので、こちらまで幸せな気分になりました。そして屈託のない笑顔が一番魅力的でした」(57・女性)

「懐メロ大会と化した紅白にうんざりしていたが、数少ないその年に流行った、圧倒的な力のある歌にじっくり聴き入った。MISIAの伴奏兼デュエットを含めれば3曲、いずれもレベルが高かった」(54・男性)

「飄々とプレイしているのにピアノ演奏テクニックの確かさ、歌唱表現力のすばらしさ! 初めての紅白なのにすべて藤井風が持っていった!!!」(39・女性)

「YouTube配信と同じ形からのスタート、その後サプライズ登場、さらにはMISIAさんとのコラボと、NHKの藤井さんへの敬意が最大限に込められたステージでした。ご本人の演奏技術や人柄の良さも堪能できました」(28・男性)

「才能の輝きにただただ驚いた」(56・男性)

「なかなかテレビでお目にかかれない方なので」(60・女性)

「圧巻のステージ」(13・女性)

「飾らない人柄や岡山弁も好感が持てた」(42・女性)

「戯れるように奏で歌い、音楽が好きで好きでたまらないのが伝わってきて、こちらまで高揚させられるアーティスト。モーツァルトのよう」(58・女性)

「サンダルにラフな格好でサラっと出てこられてさほど緊張もしてなそうなのにあの才能。彼のキャラクターとも相まって、少し興味がわきました」(39・女性)

「恥ずかしながら、知らない方でしたが歌唱とピアノ演奏共に素晴らしかったです」(74・女性)

「生理的に好きな歌手ではないが悔しい事に本当に歌が上手いしパフォーマンスも目立ってたしで良かった」(30・女性)

3位 松平健 「マツケンサンバII」

3位 松平健 三喜公式サイトより

「老若男女、一番知名度の高い曲だと思いますし、実際、一番盛り上がっておりました」(55・男性)

「やはりマツケンサンバには一気にその場の空気や雰囲気を変える力があると改めて確信した。なんかもうこれ1曲エンドレスで流しておけば良いのでは? と思ったくらい。感情に任せて気分を乗せるだけ。気づけば体が動いている。今後も長く愛される名曲だと思う」(38・男性)

「東京五輪で待望論のあった『マツケンサンバII』すごく面白かったし、楽しめました。ただ、東京五輪の映像を真似ていたのはどうかと思いましたが、沈んだ日本に明るい風をもたらしてくれました」(44・女性)

「絶対ハズさないマツケンサンバ。きらびやかで、場が明るくなった」(47・男性)

「振付の真島茂樹さんのキレッキレの踊りも最高でした」(62・女性)

「紅白歌合戦はやはりこういうお祭り騒ぎのような盛り上がりが必要だと思う」(29・男性)

「最高。大トリでよかった」(40・女性)

「マツケンさんのスケボーも見られて良かった」(46・女性)

「暴れん坊将軍の雄姿が久しぶりに見られ感激しました」(72・男性)

「これが見たかった。みんなが明るい気分になれる」(44・女性)

「オリンピックのモヤモヤが、今年のうちに浄化されたようで、スッキリしました」(57・女性)

「20年近く紅白は観ていませんでしたが、今回は観ようと思ったきっかけが松平健さんのマツケンサンバです」(57・女性)

「紅白って、北島三郎さんがいた頃は、こんな風に大御所が盛り上げてくれた」(60・女性)

2位 MISIA 「明日へ2021」「Higher Love」

©時事通信社

「圧倒的な歌唱力。さすがオリンピックで国歌独唱を務められた実力者だと思う歌声でした」(56・女性)

「東日本大震災の後に作られた楽曲『明日へ」を、震災から10年経った2021年に歌うのは、とても大きな意味があったと思う。紅白を締め括るのにふさわしいステージだったと思う」(20・男性)

「あー!ゾクゾクした!やっぱり最高にうまい歌姫だと思う。何故か涙出た」(47・女性)

「とにかく歌声が凄い、まるで楽器の演奏を聴いてるみたいだ。ピアノの横でマイルス・デイビスがソロ演奏しているみたいだった。とにかくいい。彼女の歌声を聴けるだけで幸せだ」(73・男性)

「中国の歌うま勝ち抜きコンテスト番組に何度も出場して、中国でも高評価を受けている彼女の実力と魅力がしっかりと発揮されていたから」(87・女性)

「藤井風さんの楽曲を見事に歌い上げる歌唱力。この曲はMISIAさんでなければ歌えません。ホイッスルボイス最高でした」(54・女性)

「さすがです、オオトリにふさわしい」(53・女性)

「隣の部屋で聞いていても1人だけ圧倒的声量で驚いた。彼女は日本の至宝」(39・男性)

「衣装が印象的」(50・女性)

「小柄なからだのどこからあんな迫力のある歌声が響かせられるのかと、いつも感動します」(62・女性)

「昔から日本のR&Bの根底にいるアーティストだと思う」(54・女性)