昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

7位 山内惠介 「有楽町で逢いましょう」

 

「山内さんの声は色気があり、味わいがあります。めったにない声です」(60・女性)

「アレンジが現代風で素晴らしかったです。フランク永井さんとは違う甘い歌声が素敵でした」(67・女性)

「歌が本物。年末に惠ちゃんの笑顔が見られて幸せになりました。持ち歌を聞きたかったです」(50・女性)

「日本人の持っている優しい心にトキメキを蘇らせていただきました」(68・女性)

「有楽町の国際フォーラムでの、有楽町で逢いましょうの歌唱がとても素敵でした。パープル系の衣装もとてもかっこよくガラス棟にピッタリ」(73・女性)

「コロナ禍で演歌で1番活躍された方と思います」(70・女性)

「初めて聴くカバー曲でしたが、思ったとおり歌唱力が有りますので魅力的な歌に仕上がって素敵でした。衣装も品と豪華さがあり、着こなす惠介さんナンバーワン!」(65・女性)

6位 郷ひろみ 「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」

6位 郷ひろみ(公式Twitterより)

「郷ひろみにしかできない圧倒的なパフォーマンスだったから」(51・男性)

「デビュー50周年、長く歌手やってるけど偉ぶらないとこが良い」(64・女性)

「若々しい」(65・男性)

「66才とは思えない容姿とダンス、自分の周りにいる66才にこんな人いません。まだまだ頑張ってほしいのでエールを贈ります!」(58・女性)

「明るくなった」(19・女性)

「会場のお客様と、ステージを巻き込んで、トップバッターにふさわしい歌唱とパフォーマンスでした」(60・女性)

「テレビに出るだけでパッと明るくなります。バラード、ポップ、ダンスとなんでもこなせる日本を代表する歌手の1人だと思います」(41・女性)

「全世代の知名度は抜群。私は秀樹さんファンですが、ジェラシーを感じるくらい衰えを知らないキレッキレの動きはすごいです」(62・女性)

「いくつになっても素敵で、軽やかで、正にスーパースターですね」(67・女性)

「あの迫力とパワーはどこから出るのか。40年くらい前に何度かステージを見たが、あのころと変わらない迫力は、今も健在である」(68・男性)

「ハイパーでパワフルでゴージャスなエンターティナー。何か本当にスゴイ方ですね」(55・女性)

5位 薬師丸ひろ子 「Woman“Wの悲劇”より」

5位 薬師丸ひろ子 VICTOR公式サイトより

「透明な声の伸びと情感。メロディが情景を想像させる」(66・女性)

「衰えない美しさに見惚れた」(56・女性)

「同世代で、デビューのころから拝見しているのですが、今も綺麗で、透明感のある歌声は変わらないなと、感動しました。最近は優しくてしっかりしたお母さん役とかされてますけど、やっぱり美しーわー。昔からあこがれの方です」(56・女性)

「歌手生活40周年と言ってたが本業は女優なのに、衰えを感じさせず昔の曲を当時と同じように聞かせるのはスゴイ!」(女性・53)

「歌詞は悲しい別れの内容ですが、ユーミンのメロディと薬師丸さんの、のびやかな美声で、格調たかく、上品に歌い上げられて、久しぶりに綺麗な紅白を見せていただいて、聞きほれました」(63・女性)

「いつ聴いても名曲は素晴らしく、時を経ても変わらない歌声を披露できる薬師丸ひろ子さんのプロ意識の高さに感動しました」(28・女性)

「名曲を変わらぬ歌声と壮大なオーケストラ、銀河の演出で表現したのが素晴らしかった」(41・男性)

「相変わらず可愛いです」(64・女性)

「名曲の再演。声には年齢を重ねたからこその深みがあり、素晴らしかったです。この世のものとは思えない歌声でした」(28・男性)