昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「給付金と補助金を利用すれば…」大阪偕星学園高校野球部の元監督とセクハラ逮捕コーチが今度は“Go Toトラベル詐欺”で逮捕《被害額は300万円以上?》

2022/01/14

 大阪偕星学園高校(大阪市生野区)の元硬式野球部監督・山本セキ(晳・53)が、観光支援事業「Go Toトラベル」の給付金およそ80万円を国からだまし取ったとして1月12日に詐欺容疑で逮捕された。

 山本は2015年の夏に大阪偕星学園高校を初の甲子園出場に導き、2021年3月に依願退職。同4月からは岡山県の私立倉敷高校で監督を務めていたが、逮捕にいたった詐欺行為は大阪偕星学園高校時代の出来事である。

大阪偕星高校の監督時代の山本

 大阪府警の刑事特別捜査隊と富田林署は山本と同時に、もう2人の容疑者を逮捕している。

 1人は、大阪偕星学園の球児14人に対してセクハラ行為を続け、昨年8月に強制わいせつ罪で起訴されている水落雄基(31)。

2021年8月に強制わいせつ容疑で逮捕され、今度は詐欺容疑で逮捕された水落

 もう1人は、山本の中学・高校の同級生であり、詐欺の舞台となった旅館「おやど 文乃家(ふみのや)」を経営する吉間俊典(54)だ。山本は吉間について「小さい頃からの舎弟やから、何でも言うことを聞くんや」と周囲に豪語していたという。

 詐欺の構図はこうだ。

大阪偕星学園高校

詐取額は300万円近い額に…

 2020年、山本が監督を務めていた大阪偕星学園の野球部は、山本の故郷である岡山県津山市で複数回にわたって合宿を実施した。その際に文乃家を定宿としていたが、本来は一泊7000円のところ、Go Toキャンペーン対象の上限となる一泊2万円で宿泊したと水増しして観光庁に申請。Go Toキャンペーンでは宿泊金額の35%が給付金として支払われるが、それを山本個人の口座に振り込ませて詐取していた。

 大阪府警の発表によれば、山本らが不正に得た給付金はのべ113人分となる79万1000円だという。しかし私の手元に、水落が2021年2月に関係者に送ったメールがある。そこには宿泊費を水増し申請した合宿の日程、宿泊者数などが詳細に書かれており、それらを計算すると詐取額は300万円近い額にふくれあがる。