昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/19

――もともと格闘技に興味があったのですね。

 従兄がキックボクシングをやっていて、RISEやKrushという団体のチャンピオンだったんです。従兄の試合を見に行っていたら、格闘技に興味を持つようになって。

 それに昔から「自分は身体能力が高いから、格闘技をやったら強いんじゃないか」と思っていたんですよ。だから「何とかなるかな」っていう感じで、22歳の時にボクシングを始めました。

――プロボクサーになれたのは、いつ頃だったのでしょうか。

 25歳の時です。プロテストに受かるまで、3年くらいかかりました。

――リングネームの「ジロリアン陸」はどうやって決めたのですか。

 目立ちたいと思って。それと、自分の好きなものを絡めたいと思ったんです。ニンニクが好きだったので「ニンニク陸」とか「ガーリック陸」とか考えたんですけど、「ジロリアン陸」が一番しっくりきたので。今考えたら、めっちゃ“痛いヤツ”ですよね(笑)。

――ラーメン二郎に許可は?

 当時は無許可でした。「ラーメン二郎」とつけているわけじゃないから、別にいいだろうと思って。ジロリアンはあくまで、ラーメン二郎ファンの名称なので。

 でも二郎の店主さんに聞いたら、最初はあまりよく思ってなかったみたいです(笑)。今でこそお店に試合のポスターを貼ってもらったり、試合の応援に来てもらったりしてますけど。

入場時に着用しているガウンはラーメン二郎から贈られたもの(Photo : kaneshin)  

ロバートの山本に敗戦後、東日本新人王にまで登り詰める

――プロデビュー戦では、ロバートの山本博さんと戦ったそうですね。

 26歳の時ですね。『Qさま!!』の中継も入ったりして、かなり注目されましたね。

 でもその試合で、山本さんに敗れてしまったんです。それが悔しかったので、そこからボクシングに本腰を入れるようになりました。ボクシングに集中するために、番組制作会社も辞めて。

――“本気”になったわけですね。

 そうですね。そのおかげもあって、29歳の時に2017年度の東日本スーパーフェザー級新人王を獲れました。でも東日本新人王になった時は、めちゃくちゃきつかったんですよ。年間6試合もあったので、試合に勝ったら次の試合に向けてすぐ減量、みたいな感じで。

直近の戦績は5連勝かつ3連続KO勝利中と絶好調(Photo : kaneshin)

――そのタイミングでラーメン二郎をやめようとは思わなかったのですか。

 それはまったく考えなかったです。ボクシングジムの会長からは「ラーメン食べて体重を増やしすぎんなよ」と言われてましたけど。日々我慢するよりは、試合前の短期間だけ辛い思いをして減量する方がいいかなって。

z