昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

オーストラリアから強制送還されたジョコビッチ 問題児が傾倒する“グル(教祖)”の存在

 テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1月16日、豪州から強制送還された。

「全豪オープンに出場するため、コロナワクチンを接種しないまま1月5日に豪州に到着しました。ところが、必要書類の不備を理由に国境警備隊が入国を拒否。その後、裁判所が一度は入国を認めたが、今度は移民相の裁量でビザが再取り消しに。裁判所の審理を経て、最後は強制退去処分となりました」(スポーツ紙記者)

四大大会の優勝20回は歴代1位タイ記録 ©共同通信社

 その過程でジョコビッチの数々の疑惑が浮上。

「入国の際にワクチン接種が免除となるには過去6カ月以内のコロナ感染が条件。彼は12月に母国で感染したと主張したが、陽性判定の翌日にイベントに参加し、取材も受けていた。セルビアの隔離ルールを無視していたと、首相からも反発の声が上がりました」(同前)

 問題はまだある。

「同じくワクチン接種が必要なスペインに渡航していながら、豪州入国の際にその事実を隠した虚偽申告も判明。現在は12月の感染にまで疑いの目が向けられています」(テニスライター)

 コロナに関してはこんな“前科”もあった。

「一昨年の6月、自らが主催するミニツアーでクラスターが発生。密なクラブで半裸姿で踊る動画も出回り、批判が殺到しました。この時、他の選手と共に自身の感染も発覚。つまり彼はこれまでコロナに2回感染していることになる」(同前)