昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

放送禁止用語を叫び…松本明子55歳、“不作の83年組”がブレイクするきっかけとなった“活動停止事件”

 松本明子(55)が発起人となった「うれしなつかし胸キュンコンサート」が1月23日に開催予定。布川敏和、森尾由美など同世代アイドルが集うもので、松本はNHKラジオで「初コンサートですから、私にとって」と感慨を語った。

 バラエティのイメージが強い松本だが、元々はアイドル歌手。

「松田聖子に憧れ、“アイドルといえば堀越”と思い込み、高松から上京し堀越高校の普通科に入学。82年『スター誕生!』に合格しナベプロと契約。めでたく芸能コースに編入した」(ベテラン芸能記者)

デビュー時のキャッチフレーズは「アキコ、とんがってるネ」

 だが、翌83年のデビュー曲は「爽やかなタイトルをイメージしていた」のとは程遠い「♂×♀×Kiss(オス・メス・キス)」。オリコン131位と低迷し、イベントも堀ちえみのファンにサクラになってもらうほどの不入りだった。

「松本に限らず大沢逸美、森尾ら83年デビュー組は、前年デビューの中森明菜、早見優らの活躍のあおりを受けた。通称“不作の83年組”。松本は健康的なエロス路線を狙ったが苦戦し、3曲目の時『売れなかったらこれで最後』と自ら事務所に伝えたという」(同前)