昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

主演俳優となった現在の葛藤、周囲が結婚していくことへの焦り…中村倫也がさらけだした“心の内”

『THE やんごとなき雑談』(中村倫也 著)――ベストセラー解剖

2022/01/26
『THE やんごとなき雑談』(中村倫也 著)KADOKAWA

 俳優の中村倫也が雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していたエッセイに書き下ろしを加えた本書がヒット中。

「以前から公式ブログなどを読んでいて、端正で起承転結がしっかりした文章に魅力を感じ、連載をお願いしました」(担当編集者の村井有紀子さん)

 休日の過ごし方等の何気ない日常から、家族との思い出、主演俳優となった現在の葛藤、周囲が結婚していくことへの焦り、コロナ禍での不安など、人気俳優のありのままが、正直に、ユーモラスに綴られている。

「恥ずかしがり屋なのか、インタビューでは茶化されてしまう印象がありました。一方、本書では、そんな著者の素顔がのぞけるように思います」(村井さん)

 カバーを外すと、裏表紙に著者が描いた骸骨のイラストが「ホネマデ‥‥。」のセリフつきで現れる。内の内までさらけ出したということなのかもしれない。

「イラストは著者のアイデアです。クリエイティブ思考な方なので、書籍化に当たっては紙の種類含め、細部に至るまでご意見を伺いました」(村井さん)

 その様子を撮影し、YouTubeの「ダ・ヴィンチ放送部」で6回に渡り公開したところ、男性ユーチューバーからも反響があった。

「読者は10代から70代と幅広いです。『辛いことがあったとき心の支えにしている』といううれしい声も届いています」(村井さん)

2021年3月発売。初版4万部。現在4刷8万部(電子含む)

THE やんごとなき雑談

中村 倫也

KADOKAWA

2021年3月18日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー