昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

村元哉中・髙橋大輔が見据える未来。日本アイスダンス界を変える「2枠」獲得への挑戦

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

四大陸フィギュアスケート選手権が1月20日からエストニア・タリンで開催される。

昨年末の全日本選手権での代表選考会を経て、日本からは男女シングル各3名、アイスダンスから1組が選出された。

今回の四大陸選手権に新たな目標を掲げて挑むのが、アイスダンスの村元哉中・髙橋大輔組だ。

結成2シーズン目で迎える初の主要国際大会だが、出場組の中でシーズンベストスコアは全体トップ。優勝候補といっても過言ではない。

北米勢が圧倒的な力を見せてきたこの大会で、アジア勢初の優勝を狙う。

ベストなパフォーマンスを第一に

前日の公式練習を終えた2人は、マリーナ・ズエワコーチからこんな言葉をかけられたと髙橋は言う。

公式練習後インタビューに応じてくれた村元哉中・髙橋大輔

「『パフォーマンスをしながらも自分たちの成長を感じる場でもあるから』と言われました。全日本の時のように、自分たちのベストなパフォーマンスができないと得点にはつながらないので、表彰台のことも考えながら、まずは自分たちのベストなパフォーマンスをすることを第一にやっていきたい」

公式練習に臨む村元哉中・髙橋大輔

昨年末の全日本選手権の悔しさはまだ残っているという村元。

しかし「大ちゃんと初めてのチャンピオンシップなので、一つ一つの試合を大切にして、楽しんで、良い滑りをしたい」と四大陸選手権への意気込みを語った。

「悔しさ」を残した全日本

たった1枠しかない北京オリンピックの代表をかけて戦った全日本選手権。結成わずか2シーズン目とは思えない、2人の息の合った演技に会場中がくぎ付けになった。

しかしリズムダンスで、まさかの転倒。「練習でも起きないミスだった」と振り返ったが、この転倒による2点の減点が響き、1.86点差で優勝を逃した。

2021年の全日本選手権

北京オリンピックの代表には優勝した小松原美里・尊組が選ばれ、村元・髙橋組は四大陸選手権と世界選手権の代表に選出された。

大会後のインタビューで2人は、リズムダンスでの転倒を振り返り、何度も「悔しい」とこぼした。

世界選手権「2枠」獲得へ向け始動