昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《うっかり閉じても復元、開きまくっても一時的に退避…》Safariを使いこなすためにマスターしたい「タブ」の活用ワザ5選

2022/01/28

 iPhoneが搭載する標準アプリの中でも、近年大きな進化を遂げたのがブラウザ「Safari」です。複数のタブを扱うのに便利な機能が盛り込まれるのと並行して、iOS 15ではそれまで画面上部にあったアドレスバーが画面下部へと移動するなど外観も様変わりしたので、驚いた人も多いのではないでしょうか。

 今回はそんなSafariに比較的最近になって追加された、「タブ」機能を使いこなすための活用ワザをまとめてみました。

近年大きな進化を遂げたブラウザ「Safari」には、そのぶん未知のワザもたくさん……?

Tipsその1:うっかり閉じてしまったタブを再度開くワザ

 まだ必要だったタブをうっかり閉じてしまい、ウェブページのURLが分からなくなってしまった経験は、おそらく誰にでもあることでしょう。こうした場合「履歴」からURLを探すのも一つの方法ですが、ずっと前に開いたまま時間が経っているページなどは、探すのが困難です。

Safariの画面左下の「+」は、新規タブを作成するためのボタンですが、ここをタップではなく長押しします
「最近閉じたタブ」が表示されました。ここから目的のタブをタップすれば復元されます。ちなみに新しく閉じたタブほど下に並んでいます

 こうした場合「履歴」ではなく「最近閉じたタブ」から、該当のウェブページを開いていたタブごと復元するのが正解です。復元したタブはそのタブ単体の履歴を含むため(ただし同一ドメイン限定)、別のページに遷移したあとでタブを閉じた場合も、そこから元のページにたどりつけます。よく似た「履歴」との機能の違いを把握しておきたいところです。