昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

大泉洋ではなく…『鎌倉殿の13人』から脱落しかけた私を、強烈に引き止めた“あの俳優”――青木るえか「テレビ健康診断」

『鎌倉殿の13人』(NHK総合)

2022/02/06

 今の日本のテレビと映画ひっくるめたドラマ界、大泉洋の無双状態が続いてるんじゃないだろうか。大泉洋がキャスティングされていれば「お?」と思わされ、見ればちゃんと面白く、面白いだけじゃなくて演技もうまくて深みもあり、時に泣かせる。どんな時でも大泉洋が出れば安心。

 いつの時代にもこういう役者がひとりはいて、いつでもどこでも出てきて事態の収拾をはかっていく。といっても大泉洋以前の、大泉洋的な役者って誰だ。とにかく、今、テレビドラマ界は大泉洋にいろいろなことをものすごく頼っている状態だと思う。

大泉洋 ©文藝春秋

 で、私は大泉洋がすごく苦手なんです。出てくるとチャンネルを変える。芸風が受けつけない。これはひとえに私の好みの問題で、ひどい俳優というならもっといっぱいいるので、大泉さんの実力ゆえにいろんなところに出てしまい、目についてしまうという互いにとっての不運なのだ。大泉さんすみません。

 で、私は『鎌倉殿の13人』が発表になった時に、『草燃える』ファンだった身としてすごく期待をして、しかし源頼朝が大泉洋と知りがっくり膝をついてしまった。いや、『草燃える』の石坂浩二がかっこよかったから、それが大泉洋になるのかと……。わかってるんですよ、三谷幸喜の時代モノといえば、歴史上の偉人の偉業というのは、実はつまんないことに翻弄されて右往左往した挙げ句あんなことになっちゃっている、けど偉人たちはキメるところはキメる、人間的かつカッコいい、というもので、だとすると大泉洋はきっとそれをうまくやる。

 三谷さんの『真田丸』も大泉さんは出ていて、真田信之役で主人公の兄。そりゃうまくやっておられました。でも兄といっても「脇役の上位」ぐらいで、苦手な大泉さんでも流して見ることは可能だった。しかし今回の頼朝の役の大きさは信之の比ではない。悩みつつ『鎌倉殿~』を見始めたが、大泉さんの存在感は大きい。むりだ。やはりこれは脱落か……と思ったところで強力に私を止めるものがあった。……北条政子! 小池栄子ですよ。

小池栄子 ©文藝春秋

 小池栄子が大河の『義経』で巴御前をやった時もやけにかっこよく、何か「鎌倉時代の荒々しさとその中にチラつく美しさ」みたいなのを出していて「こういうのがハマるのか!」と思っていたら、ほぼ同じ時代の政子もばっちりハマっていた。ちょいと所帯くさいところのある政子だが、いずれこれが尼将軍になるかと思うとドキドキさせる。自分の長男をくびり殺しそうな強さ(の美しさ)。

 世間には、私のように大泉洋が苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう人も小池栄子目当てに『鎌倉殿~』を見てみてほしい。しびれますよ。

INFORMATION

『鎌倉殿の13人』
NHK総合 日 20:00~
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー