昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「逮捕時の所持金はわずか2000円」 ランボルギーニを乗り回す建設会社社長が妻を殺した“予想外のワケ”《ヤクザを騙し3億円借金で逃亡》

「自分が知っているだけでも、被害総額は3億円以上。相手は一般人だけではありません。ヤクザや東証1部上場企業の前会長までカモにしていました。中村容疑者が塀の向こうに行った後も『何とか取り返せないか』とみんな憤っています」

 現在、全国の被害者らが息巻き、詐欺罪での立件に向けて動いているというその男。

 昨年11月23日に妻の中村桂子さん(41)を窒息死させたとして、静岡県警に殺人容疑で逮捕された中村祐貴容疑者(44)だ。

 建設会社の社長で、ランボルギーニなどの高級外車を乗り回し、高級マンションを持つ。政財界に幅広い人脈を持ち、人を騙しては派手な生活を送っていた男が、殺人事件を起こすまでの“転落人生”とは、どんなものだったのだろうか。

殺人事件は静岡・沼津の街で起こった ©文藝春秋

 ◆◆◆

無理心中を装うようなLINEのメッセージ

 沼津漁港から少し離れた、場末のラブホテル街。

 高速道路の出口に隣接し、通る車はトラックばかりだ。その一角にあるヤシの木が茂った南国リゾート風のホテルが、今回の殺害現場となった。

事件現場となった南国リゾート風のラブホテル ©文藝春秋

「2人で決めたとはいえ人殺しです。皆さん頑張って生きてください」

 早朝6時半。目を覚ました中村容疑者の友人がLINEを見ると、そこには本人から、犯行を告げる1通のメッセージが届いていた。

「実は中村容疑者は犯行直後、別の知人らに『カッとなって絞め殺した』と電話をしています。被害者の死因は窒息死でしたが、混乱していたのでしょう。後になって『2人で決めた』とまるで無理心中を装うようなLINEを逮捕前に友人に送ったのは、『情状酌量を狙ったのではないか』と噂になっています」(中村容疑者の知人)