昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「集中力がすごい」選手に復帰したカーリング・本橋麻里(35)が語る“ロコ・ソラーレの強さ”

ロコ・ソラーレ代表理事 本橋麻里インタビュー #1

2022/02/10

 女子カーリング「チーム青森」の一員としてトリノ五輪(2006年)、バンクーバー五輪(2010年)に出場した本橋麻里。2010年には、地元の北見市で新チーム「ロコ・ソラーレ」を結成した。その後は、結婚、出産を経て平昌五輪(2018年)に出場して、日本カーリング史上初のメダルを獲得した。

 現在は2児の母でありながら一般社団法人ロコ・ソラーレの代表理事を務め、セカンドチーム「ロコ・ステラ」の選手としても活動している本橋に、4年間の変化と北京五輪の見どころについて聞いた。(全3回の1回目/#2#3を読む)

本橋麻里さん。地元・北見市内で。今大会はテレビ応援がメインだとか ©️佐藤亘/文藝春秋

銅メダルを獲得して「そだねー」が流行語大賞に

――北京五輪が開幕して、連日、熱戦が繰り広げられています。

本橋 女子アイスホッケーは毎試合、劇的ですし、カーリングではミックスダブルスでイタリアが素晴らしい試合をみせてくれました。

 個人的には男子モーグルで優勝したスウェーデンのバルター・バルベリ選手に心を動かされました。平昌大会は21位で、膝の怪我に泣き、ワールドカップでも勝てずに、予選も今大会はギリギリ通過。そういう過程を経て金メダルに輝くのですから、五輪という舞台は本当に独特だなと感じます。いろいろな感情が凝縮された彼の満面の笑顔を見て「ああ、オリンピックが始まったな」と実感しました。

――女子カーリングの日本代表チーム「ロコ・ソラーレ」は、2月10日のスウェーデン戦から競技が始まります。この4年、2018年の平昌五輪で銅メダルを獲得してからの歩みを振り返っていただきたいと思います。

本橋 私、確か泣いてましたよね? 思い出すの少し恥ずかしいです(笑)。

――日本カーリング史上初の五輪でのメダル獲得。嬉しかったこと、印象的な変化などを教えてください。

本橋 まずは単純に常呂の人、北見の人、北海道の人、日本中の人が喜んでくれたのは嬉しかったです。

――「そだねー」が流行語大賞に選ばれ、「もぐもぐタイム」などアイスの外でも話題が続きました。

「そだねー」が流行語大賞を受賞するなど社会現象に ©️文藝春秋

本橋 流行語大賞はもちろん光栄でしたし、カーリングをより多くの方に知ってもらえてありがたいことでした。でもそれと同じくらい、当時、受験生から「笑顔に勇気をもらいました。勉強頑張ります」とか「いつも明るく試合に向かうロコ・ソラーレを見習いたいです」といったお手紙をもらったのが本当に嬉しかったですね。ああ、スポーツの力ってすごいな、カーリングを続けていて良かったなと思えたので、お礼を言いたいのはこっちです。