昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お正月あけは、お客さんがすごかったですね。1日10人以上来てくれて」 今里の若手風俗嬢・レイが語った“新地のリアル”《大阪の色街の現在》

大阪の色街・今里新地はいま #3

2022/02/12

genre : ニュース, 社会

 昨年11月、兵庫県尼崎市の風俗街「かんなみ新地」が、約70年の歴史に幕を下ろした。市と警察署からの営業中止の要請をきっかけとして、約30軒あった店は風俗営業を休止。その後、「かんなみ新地組合」が解散した。一部は一般の飲食店などとして営業を続けているものの、多くの店は廃業申請をすることになった。

 歴史ある新地の営業停止は、関西の他の「新地」にも少なからず影響を及ぼしていた。大阪にある今里新地もその風波を受けたひとつだ。かつては芸事で栄えた色街はいま、どうなっているのか。

 ©️八木澤高明

『娼婦たちから見た日本』(角川文庫)、『青線 売春の記憶を刻む旅』(集英社文庫)の著作で知られるノンフィクション作家・八木澤高明氏が現地を歩いた。(全3回の3回目/#1#2を読む)

3年前は12軒あった茶屋が、現在は8軒に

 3年ぶりの今里新地は、平日の夜ということもあるが、人通りはほとんどなかった。以前、話を聞いた遣り手のおばさんがいた店へと向かう。

 相変わらず、店の屋号に明かりが灯っていたことに、ほっとした気分となる。店の前までくると、気持ちよく話を聞かせてくれたおばさんの姿はなく、違う遣り手のおばさんの姿があった。

「どうぞ、お入りになりますか」

 私は、3年前にもここに来て、ちがうおばさんから話を聞いたことを伝えた。できれば、また話が聞きたいこと、取材者であることを告げた。

 すると玄関横にある小部屋から、男性が顔を出した。

「ほんなら、私が話しましょうか」

 男性は、茶屋の経営に携わっていて、話せる範囲で今里新地の現状について話してくれるという。

 松山(仮名)と名乗った男性の年齢は50代で、今里新地からほど近い場所で生まれ育ったという。私は、お店からほど近い場所にある事務所へと案内された。

現在の今里新地の街並み  ©️八木澤高明

「コロナの流行で、現状はどうなんでしょうか?」

「大変だったですよ。閉めてくれといわれて、閉めなきゃいけない時もありましたね。最近は働いている女性も若い人たちが増えてきたこともあって、ここから盛り返そうと思っているんです。どうしても、飛田と比べると、年をいった人が働いている印象があるかもしれませんが、そんなことはないんですよ」

 3年前は12軒の茶屋があったが、現在では8軒まで減ってしまったという。松山さんと今里新地の関わりについて尋ねた。