昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「え、寿司…!?」商品化にあたっては、社内でも疑問の声が…

まぐろ、サーモン、いくらと続き、今度は「かっぱ巻き」も(秋東精工提供)
(秋東精工提供)

 設計に専従する社員がいるわけではなく、他のプロジェクトと並行して開発しているという「寿司プラモ」シリーズ。しかし商品化にあたっては、社内でも疑問の声があったそうだ。

「コロナ禍による需要の変動もあり、自社製品自体は作りたいと考えていたのですが、やるぞと言って出来上がったのが“寿司”だったので、周囲からは『え、寿司……!?』という反応でしたね(笑)。それでも、会社の機材を使って自由に作れるのが楽しかったです」(藤原氏)

 Twitterでの告知ツイートが大きな反響を呼んだことで、その空気が変わっていったという。当初は通販サイトのみでの販売だったが、後に問屋からも引き合いがあり、現在では模型店や量販店に販路を拡げている。

「Twitter以外にも、TikTokやYouTubeのユーザーが楽しんでくれていて、インフルエンサーが動画にしてくれたこともありました。最初は数百個売れればいいと考えていたのですが、今ではシリーズ累計の出荷数が1万個に達しています」(藤原氏)

(秋東精工提供)

 すっかり同社の看板商品となった「寿司プラモ」だが、今後の展望もあるそうだ。

「寿司以外だと、スイーツの模型も可能かなと考えています。チョコレートでコーティングされたアイスとか。手に取った人が『そこに凝るのかよ!』と言いたくなるような、おかしみを狙った商品を考えていきたいですね」(藤原氏)

 SNSと自主企画から生まれた“変わり種”プラモの新天地に期待大だ。

写真=末永裕樹/文藝春秋

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(60枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z